ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年08月26日

パラリンピック開催

パラリンピックが開催されました。

オリンピックは開催に付きまして是非の議論がありましたが、終わってみれば、開催されてよかったと思われた方が6割以上になり、また、選手の活躍で勇気を貰われた方がたくさんおられた由。

パラリンピックの選手の活躍も拝見して、新型コロナウィルスに負けない力を頂きたいと思います。

各国の選手で、日本の大会関係者や、ボランティアの人々、そして、合宿をなさった各地の方々の心温まるおもてなしに感動される方が多いようで、ソーシャルメディアにも多くの投稿がある由。

日本人として誇りに思いたいものです。

新型コロナウィルスにつきましては、助け合わずに文句ばかり仰る方が多かったようですが、やはり日本人の助け合い、やさしく人に対応する心は元気に生き続けているようです。

ワクチンの接種も世界がびっくりするようなスピードで進んでいる由。

神様の見えぬ力が動いているような気がいたします。

これまで、日本は、オイルショックや金融危機など、世界的な危機に臨んで、むしろそれをバネにして成長してきました。

今回のコロナ禍もきっとあたしたちを鍛えて下さる磨き砂かもしれません。

精神的に参っている方も多い由。しかし必ず神様のお力で善き方向に舵は切られると信じ、コロナに負けず、頑張りたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
8月ミニの書置きの朱印8-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg葉月「納涼」と「昼顔」書置きの朱印8-1-R3.jpg
posted by miya at 02:36| Comment(0) | 神主からの言葉

8月の限定の書置きの朱印とミニの書置きの朱印

昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。

京都は、真夏の梅雨の様なうっとうしい日々が続いておりましたが、昨日は、酷暑に逆戻りし、じっとしていましても汗が噴き出すような暑さでした。

新型コロナウィルスの感染対策として、しばし社務所の受付を休止しておりましたが、昨日より再開いたしました。

社務所を休止しておりましたために、8月の限定の書置きの朱印とミニの書置きの朱印に付きましてたくさんのお問い合わせを頂いております。

限定でありますが、現在授与中ですので、ご希望の方は社務所でお申し付けください。

また、8月の季節印「八月の華々」もご希望の方に捺させて頂いております。

京都は、本日昨日にもまして熱くなる由、どうか暑さ対策をしてお越しください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
葉月「納涼」と「昼顔」書置きの朱印8-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg8月の季節印「華々」8-1-R3.jpg8月ミニの書置きの朱印8-1-R3.jpg
posted by miya at 02:23| Comment(0) | 神主からの言葉

神様は何も求められない

ある神職の方から教えて頂きました。

神道の面白さの一つは、ほかの宗教と異なり、神社に毎週通い詰めることを求められてもいなければ、収入の一部を捧げることを求めることもないということかもしれません。

また、祈ることさえも求めておりません。

このようなことをしないということで罰せられることもなければ、神様が遠ざかられるということもありません。

神様はあたしたちに自由を与えられ、そして、常に受け身の体制でおられ、しかも、いつも静かにあたしたちを見守って下さっております。

実際あたしたちはいわば偏在なさる神様の海を泳ぐ魚のようなものだそうです。

さすれば、あたしたちは、自由気ままにすればよいのかと申しますと、それも一つの生き方ではありますが、あたしたちの本体であります魂は決して死なない生き通しであり、あたしたちは、永遠の神様への道を歩む者であれば、この世を有意義に生き、神様の智慧を感謝して頂き、益々霊性を上げるのが結局は自分自身の最高の幸せと満足につながるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
8月の季節印「華々」8-1-R3.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg
posted by miya at 02:08| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年08月25日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉