ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年09月02日

月並祭と9月の季節印と書置きの朱印に付きまして

昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。

以前は、毎月、朔日と15日は、ご希望の方にご参列いただいて月並祭を斎行しておりましたが、昨今の新型コロナウィルスの感染拡大のため、また、神社庁からの要請もありまして、現在は、祭典は神職のみにて斎行しており、昨日も、神職のみにて斎行いたしました。

参列ご希望の方は、申し訳ありませんが、境内からお参り頂きますようお願い申し上げます。

また、ご参列いただけるようになりましたら、改めましてご連絡いたします。

9月は、通常毎月授与しております季節印、それぞれの月に因みました限定の書置きの朱印に加えまして、9月9日の重陽の節句を記念しまして、限定の書置きの朱印と同じくミニの朱印を昨日より授与しております。

種類が多いですので、お間違いないようお気を付けください。

それぞれの朱印は、社務所でご覧いただけます。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
特別限定朱印「重陽の節句」9-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg9月の書置きの限定印「長寿」と「こうもす」9-1-R3.jpgミニの書置きの特別限定朱印「重陽の節句」9-1-R3.jpg
posted by miya at 01:29| Comment(0) | 神主からの言葉

ことごとく神様

ある神職の方から教えて頂きました。

神様は絶対者であります。

さすれば、時々、富と神様とは、対立した存在のようにお考えの方もおられますが、その様なことはないそうです。

この世のすべては神様がお創りになられたものであります。

絶対で、善の塊の神様のお作りになられたこの世です。

さすれば、富と神様は反駁するものではありません。

逆に富と神様を対立した存在とお考えの方は、絶対者でなる神様を認めていないことになります。

この世界には神様のみおられるのだそうです。

動物でありましても、植物でありましても、鉱物でありましても、すべて神様の魂のかけらを有しております。

そして、あたしたち人間も神様の魂のかけらを頂く、神様の子供であります。

すべてが神様なのだそうです。

あたしたちは神様に包み込まれ、神様によりましてすべてが満たされ、そしてあたしたちの心にも神様がおられます。

さすれば、決して心配してはならぬそうです。

恐怖してはならぬそうです。

否、それはあたしたちが勝手に作っている幻影であるそうです。

そのような悪しき幻影を心から駆逐し、心を神様の光で満たすのが肝要です。

その方法としまして、まずは、毎日神様に手を合わせ、あたしたちにも、あたしたちの周辺にも偏在なさる神様で満たされ、あたしたちは本当にの幸せだと改めて認識し、確信し、神様に感謝するのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の書置きの限定印「長寿」と「こうもす」9-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg
posted by miya at 01:17| Comment(0) | 神主からの言葉

神道は言挙げしない

神道の特徴の一つに「言挙げしない」というのがございます。

神道は、聖典宗教ではありません。

従いまして、説教も修行も演説もありません。

それでは、神道とはどのようなものかと申しますと、それは、日々の生活であります。

日々の生活を神様の視点に立って、明るく前向きにおこない、そして、まずは目先の仕事をその内容で忖度せずに熱心にこなすことが、何よりの神様への道となります。

神道は、まさに日常の生活の中に生きているといえます。

他人の前に、自分が何を為すべきか、何が為せるかを考え、神様のお力添えを得て、神様と共に歩めばよいのだそうです。

大きな国の仕事をするのも神様のお役に立つことになりますが、朝、家族に、そして仕事仲間に、笑顔で「おはようございます」と挨拶をし、自分自身を、そして、周りの雰囲気を良くし、人の心を明るくさせるのも、同様に重要な神様のお手伝いなのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg
posted by miya at 01:12| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年09月01日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉