ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年09月12日

神様のことを学ぶ

最近は、ご自宅に神棚を設ける人が増えてきているようです。

神様と常に在るということは素晴らしいことです。

そして常に神様のことを想うことが間違った道を歩まぬ要諦だそうです。

ところで、ご自宅の神棚にお祀りなさっている神様については、ご存知ですか?

明治神宮をご参拝なさっている方に明治神宮の御祭神について質問されたところ、全く知らないといった方も多くおられ、明治天皇さまのお名前を答えられる方も、同じく御祭神であられる皇后陛下の昭憲皇太后のお名前を挙げられる方はほとんどおられなかった由です。

この際、ご自身の神棚にお祀りされている神様のことを学ばれると、神様が益々身近に感じられると存じます。

一般的に神棚には、神宮大麻をお祀りいたしますが、その神様は、最高神であらせられる天照大御神様です。

同じく一般的には、加えまして、産土の神様、そして崇敬なさっている神社の神様のご神札をお祀りいたします。

産土の神様はお住いの近くの神社にお祀りされている神様です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
特別限定朱印「重陽の節句」9-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg空の足跡9-10-R3.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg9月の書置きの限定印「長寿」と「こうもす」9-1-R3.jpgミニの書置きの特別限定朱印「重陽の節句」9-1-R3.jpg
posted by miya at 02:17| Comment(0) | 神主からの言葉

勝手に自分に枠をはめない

あたしたちは、得てして勝手に自分に枠をはめがちです。

例えば、毎日8時間の睡眠時間を取らなければならないとの情報に翻弄されて、少しでも睡眠時間が足らないと、健康を害するのではないかと心配し、果ては、眠くなくても寝なくてはとの執着に捉われます。

寒いところにいると風邪をひく、等々、あたしたちは勝手に自分に限界を作り、枠をはめがちです。

しかし、神様の子供であるあたしたちは実は万能であり、そんなに軟ではないそうです。

存じ上げている方は、ずっと睡眠時間を3時間しかとっておられませんが、いたって健康です。

また存じ上げている方には、平熱の基準よりもいたって低い人も高い人も存じ上げていますが、お二人とも全く健康です。

あたしたちは、勝手に自分を弱いものとしてはならぬそうです。

あたしたちは何かを為そうとすれば、神様は必ずお手伝いして下さり、新たなあたしたちの可能性の地平線が見えてくるのだそうです。

何事も恐れず、限界に執着せず、神様の子供のあたしたちに不可能なしと常に確信し、努力するのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の書置きの限定印「長寿」と「こうもす」9-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg
posted by miya at 02:13| Comment(0) | 神主からの言葉

神様の良き気を受ける

ある神職の方から教えて頂きました。

新型コロナウィルスの感染拡大がなかなか収まらず、人との関係が疎となり、外出もままならず、精神的に疲れておられる方も多いようです。

こういった時には、いつもにも増しまして体調管理に留意するとともに、神様に心をケアして頂くことが肝要です。

毎日神棚やご神前で手を合わせて、ご祈念なさるとともに、神様の良き気を取り込まれて、身体自ら神様の良き気に満たされて新型コロナウィルスに罹患しないようになさるのが肝要です。

神棚やご神前で手を合わされるとき、脳天から神様の良き気が体に入ってくるようなイメージをされて、ゆっくり息を吸い込み為さり、神様の良き気を身体に取り入れなさるのがよろしゅうございます。

そして、そのあと斜め後ろを向かれてゆっくり息を吐きだされ、身体と心の中の悪しき気を身体の外に出されるのが良いそうです。

霊能者の方に伺いますと、そうやって神様の良き気を受けられて、身体の周りに光るオーラをまとっているようにイメージなさり、バリアが体を覆っているから悪しきものに侵されないと思われるだけでも心と体を強くすることが出来るそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg
posted by miya at 02:10| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年09月11日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉