ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年09月16日

「お月見」と「長月 月の光」特別限定朱印授与のお知らせ

中秋(ちゅうしゅう)の名月とは、旧暦8月15日の十五夜にお月見をするならわしです。

旧暦では7,8,9月を秋としており、その真ん中の日の8月15日を「中秋」と呼び、その晩に上がる月のことを「中秋の月」と言っていました。

中秋の名月の別称である十五夜(のお月さま)もこの旧暦の頃の名残です。

お月見と言えばススキですが、ススキを飾るのには諸説あるようで、まずは、稲の代わりだそうです。

稲は既に収穫してしまった後だったため、丁度お月見の時期に穂が出ていて稲に似ているススキを飾ったそうです。

また、ススキには神様が休憩し、魔よけの効果があるとも信じられてきました。

さて、この中秋の名月を記念致しまして、本日より、「お月見」と「長月 月の光」特別限定朱印授与いたします。

ご希望の方は社務所でご覧ください。

なお、現在、9月の限定の書置きの朱印と、同じくミニの書置きの朱印も授与中です。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「お月見」と「長月 月の光」特別限定朱印9-16-R3.jpg
「お月見」と「おつきみ」ミニの特別限定朱印9-16-R3.jpg
空の足跡9-10-R3.jpeg
スカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg9月の書置きの限定印「長寿」と「こうもす」9-1-R3.jpg
posted by miya at 01:48| Comment(0) | 神主からの言葉

「お月見」と「おつきみ」ミニの特別限定朱印授与のお知らせ

昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。

9月と申しますと、秋の夜空に浮かぶ、美しい月を眺める「お月見(十五夜)」ですが、十五夜は、毎年日にちが異なっており、今年、令和3年の十五夜は、9月21日(火)です。

夏が過ぎ、涼しくなり始めたこの時期に、満月の夜を見て楽しむのは、日本の秋の風物詩ともいえます。

このお月見を記念いたしまして、本日より、「お月見」と「おつきみ」ミニの特別限定朱印授与いたします。

ご希望の方は、社務所でご覧ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「お月見」と「おつきみ」ミニの特別限定朱印9-16-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg9月の書置きの限定印「長寿」と「こうもす」9-1-R3.jpg
posted by miya at 01:42| Comment(0) | 神主からの言葉

空気の研究

様々な文化論他で深い教養に裏打ちされた独特の視点から文化を語られた山本七平さんは、「空気の研究」という本を上梓されました。

日本人を論じた本として夙に有名ですが、日本人は時として、冷静な判断に立脚するよりもその時の空気(周辺の雰囲気)に左右され、論理的になれないとの趣旨であり、今もう一度読み直す価値のある本かもしれません。

何度かお会いしたこともありますが、とても静かで穏やかで、丁寧な言葉遣いで慎重に言葉を選んで話される方でした。

また、ご本人はキリスト教信者ですが、神道や皇室のこともとても勉強されておられました。

新型コロナウィルスの感染拡大で、残念ながら論理的な議論よりも感情的なものや、冷静な統計や科学的根拠を欠いた議論も多いように言われております。

空気を読むのは日本人の良き処でもありますが、たまには、自分の趣旨を冷静に判断することも必要のようです。

冷静さを取り戻すには、神棚やご神前で手を合わされる静謐な時を利用されて、自分自身を神様の視点で俯瞰なさるのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の書置きの限定印「長寿」と「こうもす」9-1-R3.jpg
巫女座り.jpg楠.JPGミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg
posted by miya at 01:39| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年09月15日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉