ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年09月18日

今、何気なく使う、「年」ですが、もともと実った穀物の穂を人が背負っている形に象ったもので、「みのり」の意味があります。

それが転じて「穀物が実る周期」との意味で用いられるようになりました。

「年」という単位は、遡れば、農耕と繋がっておりました。

神社は古くから稲作と深く関わりがあります。

また、「年神(としがみ)」と呼ばれるお正月にお迎えする神様も、字の通り、穀物の神様であります。

子供たちが楽しみにするお年玉も、もとは、年神様に供えられた、「年の賜物(たまもの)」を頂き、その力に触れることで無事に一年を過ごせるという信仰であったといわれます。

「年」に想いを馳せたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「お月見」と「長月 月の光」特別限定朱印9-16-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg9月の書置きの限定印「長寿」と「こうもす」9-1-R3.jpg「お月見」と「おつきみ」ミニの特別限定朱印9-16-R3.jpg
posted by miya at 01:35| Comment(0) | 神主からの言葉

流れに乗る

ある神職の方から教えて頂きました。

この神職の方のお知り合いの方が、ある時、家の傷みに気付かれた由です。

しょうがないので、経費がかさむものの治されたそうですが、そのあと台風が来て、直していなかったら雨漏りが酷かった由で、助かったそうです。

またある方は、電車に乗り遅れて、がっかりされた由ですが、その乗り遅れた電車が大きな事故に巻き込まれたそうです。

こういったことはその大きさはまちまちでしょうが、経験なさっている方も決して少なくないと思われます。

こういったことは、神様が静かにあたしたちを導いてくださっているために起こることだそうです。

自分はこうしたいのに、なぜか不思議と違う方向に導かれることがあります。

こういった時は、神様のお力が働いていると、流れに乗ることが肝要だそうです。

神様を信じておりましたら、きっと善き方向にいざなってくださるそうです。

心配無用だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の書置きの限定印「長寿」と「こうもす」9-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg
posted by miya at 01:33| Comment(0) | 神主からの言葉

木を切られるときには

「気は木に宿る」といわれるように、木々には、神様の御力が宿ったり、霊が宿るようです。

動物は意識を持っているが、植物は持っていなので、気にせず、切ったり食べたりしてもよいとお考えの方もおられますが、どうも科学的に調べますと、木は、切られることが、わかるそうで、切られる前に電磁気的にとても乱れるのだそうです。

やはり切られるのは嫌なようです。

そのためか、また、木をむやみに切りますと、そのあと悪しきことが起こることを知っておられる業者の方は、木を切るのをとても嫌がられます。

それでも諸事情で、木を切らねばならぬ時には、切るに先立って神職に祝詞を上げてもらい、木に断わってから切られるのが肝要です。

木に宿る気を大切にしてあげたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg
posted by miya at 01:30| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年09月17日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉