ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年09月25日

どのような否定的なことにもプラスの要素がある

ある神職の方から教えて頂きました。

生きておりますと、楽しいことばかりではなく、辛いことにも遭遇致します。

否、辛いことばかりに遭遇するという方もおられることと存じます。

しかし、どのような事故にも、どのような悲劇にも、本人には直ぐには意識することはできないかもしれませんが、必ず、プラスの要素があるそうです。

これに例外はないそうです。

それは、「死」にすらいえることだそうです。

臨死体験をした方は、死に臨んで、死は忌み嫌う恐怖ではなく、穏やかで、神様に護られて進むことであり、しかも臨死体験をなさった方は押しなべて、蘇生後、死の恐怖から遠ざかり、人生を楽しく前向きに捉えられ、有意義に過ごされます。

心配事の9割は実現せず、万一実現しても、プラスの要素のない否定的なことはないということを常に認識することが肝要だそうです。

つまり、何が起こっても100%あたしたちのためになることしか起こらないと理解することが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「お月見」と「長月 月の光」特別限定朱印9-16-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg9月の書置きの限定印「長寿」と「こうもす」9-1-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg「お月見」と「おつきみ」ミニの特別限定朱印9-16-R3.jpg
posted by miya at 01:33| Comment(0) | 神主からの言葉

神様のみ心に沿った生き方と祓

ある神職の方から教えて頂きました。

神様の御心にそった人生で幸せに生きる秘訣とは何かと申しますと、将来のことを心配したり、過去のことをいつまでも悔んだりすることなく、今この瞬間にやるべきことに意識を集中する、神道で申します中今(なかいま)の精神生きることだそうです。

逆に物事に不平不満を言って、流れに逆らうのは、我欲が出ている証拠でありますので「祓(はらい)」を行う必要があります。

祓と申しますのは、普段知らず知らずのうちに体についた「つみ・けがれ」を消して、人間本来の美しい状態に戻すことです。

各神社で行います、夏越大祓や大晦日に斎行いたします、大祓もこれにあたります。

祓を行うには別に難しいことをする必要はありません。

毎朝、神棚の前で大祓詞や祓詞を奏上なさればよろしゅうございます。

言葉というものは本来、単なる情報伝達の手段ではなく、音という波動を出すことによりまして、音が表す内容が現実に現れてくるものです。

神道ではこれを言霊と申します。

良い言葉を言えば、良いことが起こり、悪しき言葉を言えば、悪しきことが起こるわけです。

「つみ・けがれ」を祓って、何が起こっても神様のお導きと感謝し、今自分ができることに最善を尽くすのが、素晴らしい人生を歩むために必要なことだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の書置きの限定印「長寿」と「こうもす」9-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg
posted by miya at 01:28| Comment(0) | 神主からの言葉

お導き

ある神職の方から教えて頂きました。

すべては、偶然の賜物と考える方もおられます。

宇宙が出来たのも、あたしたちがここに居りますのもすべては偶然と説かれます。

しかし、逆に、神道をはじめ、多くの宗教では、物事というのは偶然に起こるというものは一つもなく、すべて神様のお導きと説きます。

神様のお導きにより、あたしたちは、様々な出来事に遭遇しているわけであり、表面上善きことも悪しきことも、全ては必然であり、起こることには意味があると考えます。

さすれば、あたしたちは、起こることに一喜一憂することなく、起こることの意味を考え、神様のお導きにしたがって、今自分ができるベストを尽くす、適応することによって、あたしたちが神様に近づくために行っております御魂磨きが出来、人間はどんどん進化することができるそうです。

起こることに、遭遇することに、振り回されることなく、それを逆に利用することが肝要だそうです。

利用しようとすれば、未来に対する恐怖も少なくなるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg
posted by miya at 01:19| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年09月24日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉