ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年09月28日

強い祈りの力は必ずしも良いことではない

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは、願ったことが叶うことを求めます。

さすれば、祈りの力が強い人が良い人生を歩んでいるかと申しますと、どうも逆のようです。

「祈りの力」が強いことは、決して安寧な人生につながっていないそうです。

なぜかと申しますと、その様な方は、実は、「祈りの力」が強いことを自覚しておられず、何気ない想いがネガティブな祈りとして作用してしまいます。

例えば、いつもネガティブな考えで心を満たしている方が強い祈りの力を持っておられましたら、いつもネガティブなことが顕現してしまいます。

病気のことで心を満たしている方で、病気を良く引き寄せる方は、実は、強い祈りの力を持っておられる方といえます。

さすれば、強い祈りの力を持つ前に、心を常に明るくする訓練が要りますし、強い祈りの力を既にお持ちの方は、一刻も早く心を明るくする必要があるそうです。

そして、実は自分の祈りの力の強さに気付いていない後者の方が多いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「お月見」と「長月 月の光」特別限定朱印9-16-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg9月の書置きの限定印「長寿」と「こうもす」9-1-R3.jpg「お月見」と「おつきみ」ミニの特別限定朱印9-16-R3.jpg
posted by miya at 01:51| Comment(0) | 神主からの言葉

祈りの力

ある神職の方から教えて頂きました。

「祈りの力」と申しますと、馬鹿にしておられる方が多いかもしれません。

オカルトと片付けてしまう方もおられます。

しかし、たくさんの方が真摯に祈られると統計上明らかに有意になることは証明されています。

しかしながら、実は、祈りの力とはそのようなものではなく、実はもっと物凄い力を秘めているそうです。

逆に申しますと、あたしたちは祈りの力の一面しか見ておらず、祈りの大きな力を用いていないために救われていることも多いようです。

祈りの大きな力を使える方が、徳のない、我欲に凝り固まった方であれば、危険です。

宗教的な修行や、瞑想などにより、祈りの力を増すことは確かに可能だそうですが、その前にあたしたちが祈りの力を用いるに適した人間になる必要があるそうです。

自分は神様の道に背いていないかと毎日自問できるような人間になるのが重要だそうです。

力だけを追い求めるのではなく、力を使うに適した人物になるのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の書置きの限定印「長寿」と「こうもす」9-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg9月のミニの書置きの朱印「敬老の日」と「お月見」9-1-r3.jpg
posted by miya at 01:48| Comment(0) | 神主からの言葉

現状を楽しむ

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは実に非力です。

過去に起こったことは変えようがなく、これから起こることをどうすることも出来ません。

しかし、その一方、あたしたちは神様の子供として、ここ・今では、万能の力を発揮することが出来ます。

そのためには、いま・ここにある、現実を楽しむ必要があります。

現実に振り回されるのではなく、現実をありのままに受け取り、楽しむのだそうです。

あたしたちは、現実をどのように解釈するかによって、現実を自分に引き寄せることが出来ます。

良いことが起こっている時には、思いっきり楽しみ、悪しきことが起こっている時には、それは悪しきことではないと受け取るのだそうです。

生きていることとは、今・ここを楽しむことに尽きるそうです。

楽しまなければ損だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の季節印「お月見」9-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg
posted by miya at 01:44| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年09月27日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉