ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年10月28日

2021年10月27日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年10月27日

祈りの結果に執着しない

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちが神様に祈念をするとき、その結果に執着してはならぬそうです。

なぜなら、それは神様への完全な信頼の証ではないからだそうです。

祈念するときのポイントは、真摯に祈念し、神様にお任せし、既に願いが叶った如く、叶った時の情景を胸に抱き、その結果に執着することなく、忘れ去るのが良いそうです。

忘れてしまっている時、突然神様への祈念が叶ったことを感ずるときがあるそうです。

叶った時を待つのではなく、叶った時にやはり願いは叶えて頂けたと感謝するのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の限定の書置きの朱印「例大祭」と「秋の七草」10-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
posted by miya at 00:33| Comment(0) | 神主からの言葉

内臓に感謝しましたか

あるお医者様から興味深い話を伺いました。

このお医者様曰く、多くの患者さんに共通することがあるそうです。

それは、ご自身の身体に感謝することが少ないということだそうです。

あたしたちは、朝目覚めるとき、肝臓も、腎臓も、心臓もすべて働いていることを当然と考えています。

しかし、これは、実は当然ではなく、奇跡の塊だそうです。

実際、あたしたちが死ぬ前と死んでから、これらの臓器はどのような変化もしません。

あたしたちの魂との連携で働いてくれるから、あたしたちは毎日の生活を送れます。

さすれば、朝起きて、肝臓に、腎臓に、心臓に、身体のすべての部分に感謝の祈念をするのが肝要だそうです。

あたしたちがあたしたちの内臓に感謝しておりますと、病気の時、治療の可能性に心を開いていることが出来るそうです。

しかも身体に、内臓に、感謝の念を常に抱いている方は病気にもなりにくいのだそうです。

もう一度感謝の力を認識すべきだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
posted by miya at 00:30| Comment(0) | 神主からの言葉