ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年10月02日

出来ることを精一杯やって、あとは神様に任せる

ある神職の方から教えて頂きました。

時として、頑張っても、次々と難題が押し寄せ、もうだめだと思うようなことがあります。

このような時、神様があたしたちに大きな飛躍を準備されていることがあるそうです。

しかし、あたしたちに出来ることは限られています。

さすれば、このような時は、しり込みして、その場から逃げるのではなく、苦難の状況を受け入れ、自分にできる精一杯のことをやってみて、あとは神様に任せきればよいのだそうです。

時として、あたしたちがもうこれ以上はダメだと思うそのギリギリのところまで来た時になって、神様が大逆転をしてくださることがあります。

何より、神様は必ず守ってくださるという信念を忘れないというのが肝要で、この信念がある限り、必ず、全ては好転するのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の限定の書置きの朱印「例大祭」と「秋の七草」10-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
posted by miya at 02:40| Comment(0) | 神主からの言葉

ノーで始めず、イエスで始める

ある神職の方から教えて頂きました。

神様は善の塊ですので、神様の考えに否定的な事は全くないそうです。

さすれば神様の子供であるあたしたちも、神様の資質を受け継ぎ、何に対しても前向きな、肯定的な姿勢で臨むのが肝要だそうです。

二種類の人がおられ、一方の方は、何があっても、イエスで始める方で、もう一方の方は、ノーで始める方です。

確かにノーで始める方は慎重で失敗が少ないかもしれません。

しかし、そこには意外性は、あたしたちが進歩する余地は、ありません。

あたしたちは、この世に何もしないために生まれてきたのではないそうです。

あたしたちがこの世ですべきことは、様々な経験だそうです。

その経験の失敗・成功は二の次であり、経験するかしないかでは、経験するのが正解だそうです。

しかもノーで始める人は環境を暗くします。

しかも自分にとどまらず人のあらさがしもします。

これでは、可能性が縮小してしまいます。

自分の可能性を認め、人の良き処を認め、善きことも否定するのではなく、悪しきことも善きことに変えようとする姿勢が肝要であり、その様に前向きな方に神様は必ず善き智慧を授けて下さるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
posted by miya at 02:37| Comment(0) | 神主からの言葉

感謝の祈り

ある神職の方から教えて頂きました。

感謝の祈りとは良いことずくめだそうです。

感謝の祈りは、感謝しているだけですので、あたしたちの周囲のものをどうこうしようとか、自然の流れに逆らって何かを動かそうという意図はありません。

つまり、何かを変化させようとする祈りではなく、常に善きことを見ようとする祈りであります。

それは神様のなさることをすべて受け入れることであり、神様への絶大なる信頼の証です。

同時に、感謝の祈りは、ネガティブな事の入り込む余地を作りません。

さすれば表面的に悪しきことも善きことに変わらずを得ないのだそうです。

この祈りは、絶大な力を持っています一方、一切の危険性がありません。

神様に感謝をし、今・ここにいる自分に感謝し、周辺のすべての奇跡や善きことに感謝するだけだそうです。

あたしたちの祈りを見直し、感謝の祈りを出来る限り盛り込むのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg
posted by miya at 02:34| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年10月01日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉