ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年10月06日

受け入れるとは、うまくいっていると理解すること

ある神職の方から教えて頂きました。

多くの宗教で、また最近流行のスピリチュアルやマインドフルネスなどで、どのようなことが起こりましてもそこから逃げることなく受け入れることが肝要であると説きます。

逃げていては、対峙することに負けてしまい、魂磨きにもなりません。

どのように辛くてもまず、起こるままに受け入れることが肝要だそうです。

受け入れて、そのあとで自分がそれに対して何が出来るかを考え、ベストを尽くせばよいのだそうです。

ベストを尽くすあたしたちに神様は必ず救いの手を差し伸べて下さるそうです。

その一方、受け入れるとは、どのようなことが起こりましても、それはうまくいっているという宣言であります。

そしてそれこそこの世の真実だそうです。

全ては、あたしたちの霊性の進化のために神様があたしたちに最適なことを創り出してくださっている結果だそうです。

さすれば、それをどう利用するかと考えるのが肝要だそうです。

逃げていてはチャンスを逸するようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の限定の書置きの朱印「例大祭」と「秋の七草」10-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
posted by miya at 04:42| Comment(0) | 神主からの言葉

どうして神様が見守ってくださっていることを信じないのですか

ある神職の方から教えて頂きました。

この神職の方が奉仕なさっている神社に毎日たくさんの方がお参りに見えます。

その多くお方は、お願い事をなさっているようです。

あたしたちが辛い時には、神様に率直にかつ真摯に助けて頂くようお願いすればよいそうです。

しかしその一方、万能の神様のこと、あたしたちがどのような状態にあるかはお願いする前からご存知であり、お願いする前からあたしたちのために動いてくださっているようです。

時々、病気にならないようにお願いしたのに、病気になったと嘆く方がおられます。

しかし、よく考えられれば、重篤な病気になっていたかもしれないのに、軽く済んだことがあるかもしれません。

死んでいたかもしれないのに命が助かったということもあるかもしれません。

神様はく大難を小難に変えて下さるようです。

さすれば、万が一どのような悪しきことが起こりましても、神様のお陰で軽く済んで良かったと感謝することが肝要だそうです。

事実、その様に神様は動いてくださるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
posted by miya at 04:39| Comment(0) | 神主からの言葉

生物学者と物理学者

最近面白い話を伺いました。

アインシュタインは、神様のことを信じておられ、神様が創造されたからこそ、この世には見事に単純で美しい節理があると考えられ、逆に量子力学に対して、「神様はサイコロを振られない」と語られました。

ところが、最近の物理学者のなかには、神様の居場所はなく、全ては偶然の重ね合わせのみだと断言される方がおられます。

しかしながら、人間に直接接せられる生物学者の方の多くは、人間や生物をつぶさに観察なさると、あたしたちは、偶然の集積とはどうしても考えられないと語られ、そこには、生物の意思、否、大きな創造主の意思を感じるとおっしゃるようです。

確かに不思議です。

偶然の累積であれば、あたしたちは、意識を持つこともなく、進化することもなく、恋や愛といった感情も空しくなります。

どちらの意見を取られるかは各自によりますが、やはり創造主である神様がおられ、ある方向を、神様へ近づく方向を、もってあたしたちが生きていると考えた方が、生きている意味があり、値打があり、元気が出てくるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg
posted by miya at 04:35| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年10月05日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉