ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年10月12日

10月12日、社務所の受付休止のお知らせ

昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。

京都大神宮の暦とご神札に付きましてお問い合わせをたくさん頂いております。

暦は毎年直ぐになくなりご迷惑をおかけしておりますが、まだございますので、ご希望の方は社務所でご覧ください。

また、現在、神宮大麻はなくなっておりますが、京都大神宮のご神札は、授与中です。

さて、本日、祭典の準備他のため、終日社務所の受付を休止いたします。

社務所に御用の方はご注意ください。

なお、ご参拝は通常して頂けます。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の限定の書置きの朱印「例大祭」と「秋の七草」10-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
posted by miya at 02:09| Comment(0) | 神主からの言葉

憎しみを遠ざける

ある神職の方から教えて頂きました。

人間関係で苦しんでいる方が多いようです。

しかも、苦しんでおられる方は、小さなお子さんから年配の方まで年齢も様々だそうです。

しかし以前であれば、しがらみがありまして、なかなか既存の人間関係を断ちがたく、苦労しておられた方も多いようですが、現在は、以前に比べましたらその関係も断ちやすくなってきました。

人間関係の辛さも何かを学ぶために神様が創られたものですから、最初から逃げるのはどうかと思われますが、辛い人間関係の中でも学ぶことを探し、学び終わったと思いましたら、その方と距離を取るのが肝要だそうです。

同時に、相手が自分のことを憎んでおりましても、その相手を憎む前に、その相手から遠ざかり憎しみを心に貯えないのが肝要だそうです。

憎しみを心に抱き続きますと、諸刃の刃でその憎しみが自分にも突き刺さるそうです。

さすれば、相手を憎む前に距離を取り、憎しみを忘れてしまい、忘れがたい憎しみは、神様に引き取って頂き、その憎しみの扱いも神様に任せきるのが肝要だそうです。

神様はあたしたちの辛い思いも、良き想いに変えて下さるので、あたしたちの心に影が残ることはないそうです。

その方法の一つとして、毎日神棚で、祓詞や大祓詞や祓詞を唱えられ、その時間もないという方は、「祓へたまへ、清めたまへ」と唱えられたら良いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg
posted by miya at 02:07| Comment(0) | 神主からの言葉

神前結婚式

神前結婚式に付きましてお問い合わせを頂いております。

京都大神宮は、冷泉家のお力もお借りし、神道による結婚式を創り上げ、その祭式に則った日本で最初の神前結婚式は、京都大神宮で斎行されました。

その後、東日本は東京大神宮、西日本は京都大神宮が中心となりまして、神前結婚式の祭式を広めてまいりました。

ところで、最近は新型コロナウィルスの感染拡大もありまして、ご親族であっても集まられるのを憚られて、結婚式を先延ばしにされたり、あるいは、取りやめられる方も多いと伺います。

しかしながら、結婚による結びには、神様のお力が働いておりますので、やはりご神前で神様にご結婚をご報告され、神様のご加護をお受けなさるのが肝要です。

京都大神宮では、現在も、新郎新婦お二人、あるいは、身内の方他少人数での結婚式もお受けしておりますので、ご希望の方は社務所までお問い合わせください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg
posted by miya at 02:03| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年10月11日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉