ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年10月14日

結果に対する執着を手放した祈り

ある神職の方から教えて頂きました。

神様に何かを祈念いたします時、なかなか思った通りの結果が出なくて、神様は願いを聴いて下さらないのかとがっかりなさる方が多いようです。

しかしこの認識は間違っているそうです。

第一には、神様は、あたしたちが祈念をいたしましたら、それをあたしたちにとって最も良い時に叶えて下さるため、あたしたちが、願った時とは異なる場合があるそうです。

次には、あたしたちの願いが本当の願いなのかを確認されるそうです。

願った通りに叶わなかったために取りやめる願いは、本当に必要な願いとは思われませんし、心変わりする願いは、本当の想いになるまで待たれるそうです。

次には、その願いを実現させたために歪が残る望みは、あたしたちがその歪を受けても叶えたいのかをじっくりとご覧になるそうです。

さすれば、最も良い祈念の仕方とは、神様にお願いした後は、結果に対する執着を手放す願いだそうです。

神様にお願いした以上は、万能で善のみの神様に託しきるのが良いそうです。

表面的な結果にイライラせず、神様を信じ切ることにより、かえって望むような結果が得られるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の限定の書置きの朱印「例大祭」と「秋の七草」10-1-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
posted by miya at 02:06| Comment(0) | 神主からの言葉

自己祓

新型コロナウィルスの感染による外出自粛などにより、人付き合いが減ってストレスが高まっておられる方が多いと伺います。

また、こういった時には、すきを狙ってマガツ神がマガゴトをもたらすことがございます。

さすれば、いつにもまして、毎日神棚やご神前で自己祓いをなさって神様に祓っていただくのが肝要です。

自己祓いと申しましても難しいことはありません。

ご神前で、祓詞や大祓詞を奏上なさればよろしゅうございますし、その時間も取れないときには、「祓へ給へ、清め給へ」と唱えられればよろしゅうございます。

また、入浴時に撤下塩を湯船に入れられ、あるいは、身体に振りかけられるもよろしゅうございます。

頭が様々なことで一杯になりまとまらない方は、当宮で授与しております「神様への手紙」などに、思いのたけをお書きになり、神様に引き受けてもらわれるのがよろしゅうございます。

不思議と気分がすっきりなさったり、あるいは、求めておられる回答が、思いもよらないところに見つかる方が多いようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
posted by miya at 02:02| Comment(0) | 神主からの言葉

時代祭

京都三大祭りの一つ、「時代祭」は、毎年10月22日に行列巡行が斎行されますが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、中止されるようです。

今年は、これで、京都三大祭り(葵祭(あおいまつり)、祇園祭、時代祭)はいずれも規模が大幅に縮小されることになりました。

時代祭の行列巡行では平安時代から明治維新までの各時代の衣装を着た約2千人が京都御苑から平安神宮まで練り歩き壮観です。

最近、日本での新型コロナウィルスの罹患者は驚くべき減少となっております。

このままいけば、来年の元旦に斎行される歳旦祭は、通常通り行えそうですし、京都三大祭りも来年は、斎行されそうです。

楽しみにしたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg
posted by miya at 01:58| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年10月13日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉