ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年10月19日

10月19日、社務所の受付時間変更のお知らせ

昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。

先般迄の夏に戻ったような陽気から一変して、京都に突然冬がやってきたような寒さとなりました。

新型コロナウィルスの感染は収まりつつあるようですが、季節の変わり目、また夏の疲れが出てくることですので、どうかくれぐれも体調管理にご留意ください。

さて、本日、祭事準備のため、社務所の受付を午前11時から午後4時迄に変更いたします。

社務所に御用の方はご注意ください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の限定の書置きの朱印「例大祭」と「秋の七草」10-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
posted by miya at 00:48| Comment(0) | 神主からの言葉

良い比較と悪しき比較

あたしたちの苦しみの多くは、比較することから起こります。

みんな健康なのにどうしてあたしだけ病気になるのか、みんな友達がいるのにどうしてあたしだけ孤独なのか、等々。

しかし、この世では、異なった霊性の方が、一堂に集まり、それぞれの霊性に合った御霊磨きをしており、全ての人が主役の異なった人生ドラマを平行に演じているのでありまして、違ったベースにあるものを比較すること自体全く意味のないことだそうです。

しかし、比較も神様がお創りになられたこと、必ず意味があるそうです。

さすれば、良い比較を用い、悪しき比較を放逐するのが肝要だそうです。

良い比較とは、自分が辛い時にもっとご苦労なさっている方、もっと辛い病魔との闘いをなさっている方もおられるので、神様が大難を小難に変えて下さり、決して超えられない苦難は与えられないから、自分が出来ることを精一杯やって頑張ろうというものだそうです。

その一方悪しき比較は、上記のような比較をして自分をみじめで被害者に仕立て上げる比較だそうです。

しかし、あたしたちはすべからく神様の子供ですから、どなたも被害者のわけがないそうです。

もっと自分を大切にし、自信を持ち、進んでいくべきだそうです。

ある神職の方から教えて頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
posted by miya at 00:46| Comment(0) | 神主からの言葉

神様を求めると悪しきことがまずおこる

ある神職の方から教えて頂きました。

この神職の方のところに、この神職の方がご奉仕なさる神社を参拝をされている方がお尋ねに来られたそうです。

この方は、とても崇敬の念の厚い方なのですが、神様にご祈念なさるといつも逆に悪しきことが起こることが多かったそうです。

ある時には、これは祈念しない方が良いと途中でご祈念をやめられたこともあったそうです。

ところが、ある時、重篤な病気になられ、もうこの方ご自身ではどうすることも出来ず、藁をもすがるつもりでご祈念なさったそうです。

そうしますと、やはり、逆に症状がひどくなり、そのほかにもいろんな災いが噴出したそうです。

しかしながら、ひとしきりそれが終了しますと、今度は加速度的に災いが遠のき、病気が快方に向かいだしたそうです。

そして今ではすっかり回復なさった由です。

お尋ねはこれはどうしたことかとの由でした。

この神職の方曰く、神様にご祈念なさると、まず神様は心身にこびりついた悪しきことを祓われるのだそうです。

そのために、隠れていた悪しきことが現れてくるために一旦、むしろ悪い状態になるそうです。

しかしながらその祓が済んでしまえば今度は、神様の良き気が流れ込むだけとなるため、快復するのだそうです。

神様にお願いした限りは、何があっても神様への信頼を失ってはならぬそうです。

一旦回り道のようなことがあっても、信頼を持ち続け、希望を失わない限り、必ず良い方向に見事にどんでん返しが起こるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg
posted by miya at 00:43| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年10月18日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉