ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年10月22日

極まった時どんでん返しが起こる

存じ上げている方のお母様は、目がご不自由で、担当の医師からは、失明した時のための準備をするように宣言されました。

ところが、この方のご友人が、たまたま違う眼病のことで相談できる医師のことを話されていたので、お母様のことを話され、その医師に相談できないかとおっしゃったところ、その医師は、確かに難病だが、手術が出来ないことはないので、やってみましょうということになり、手術の結果、失明の準備をなさっていたにも関わらず、完治なさり、失明の可能性はなくなったそうです。

また、存じ上げている方は、小脳の難病で、医師から余命6ヶ月と宣告されましたが、それにも関わらず、希望を失わず、毎日、リハビリを為さり、1年以上たってもお元気で、近い将来妙薬が出来るかもしれないとの情報でそれを投与してもらうまでは絶対生き延びると決意なさったようですが、それからますます元気になられたそうです。

存じ上げている霊能者の方曰く、極まった時にも希望を失わないのが肝要で、そうしますと、極まった時が寧ろどんでん返しの時機到来となることも多い由です。

どのような時にも希望を失わず、神様を信じ切り頼り切るのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の限定の書置きの朱印「例大祭」と「秋の七草」10-1-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
posted by miya at 00:29| Comment(1) | 神主からの言葉

若い人と年配の人

年配の方と若い人との間には様々な違いがありますが、その一つは、年配の方は心配事が多いのに対しまして、若い方は心配事が少ないというのもありそうです。

年配の方は、体力の衰えを感じ、様々な病気の心配が頭をもたげ、それから起因して、お金の問題、食事の問題など様々なことが気になりだします。

どこか少しでも体調が悪いと病気ではないかと怯え、要らぬ気苦労が絶えず、そのために要らぬ取り越し苦労で苦しみます。

それに対しまして、若い方は、少し悪いところがあっても、それは治るという無意識の強さがあり、また、これからも長い時間が使えるとの思いから、時間が解決する、今日より明日はきっと良くなるという心の強さがあります。

しかし、今・ここでは、若い人にも年配の方にも違いはありません。

今・ここだけではどちらも見事に息をして、ともかく生きております。

そしてあたしたちの人生はこの、今・ここが連続するのみです。

さすれば、過去も未来も意識せず、神道で申します中今の精神で、思いっきり今を楽しむのが、今を精一杯生きるのが肝要だそうです。

そこでは、老若男女問わずすべての人が同じだそうです。

ある神職の方から教えて頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
posted by miya at 00:25| Comment(0) | 神主からの言葉

思い込みから自由になる

ある神職の方から教えて頂きました。

例えば、検査を受けられて、悪い結果が出ますと、突然あたしたちは、この後体調を崩し病気になるに違いないと嫌な思い込みの虜になってしまいます。

しかし、どうしてあたしたちは、検査の悪い結果が出たが、これで悪いところが分かったので、努力をしてその悪しきところを治し、神様にお手伝いいただいて、検査の結果から起こると想像される未来を裏切るようにしようと思わないのでしょうか。

「為せば成る」という言葉がありますが、霊界では、「想えば成る」というのが正しい法則だそうです。

あたしたちが心に良き想いを導き、心を明るくし、心に可能性の種子をまかない限り、決してそれは顕現しないそうです。

神様の子供のあたしたちに不可能なしとまず信じ切るのが肝要だそうです。

不治の病もあたしたちの必ず治るとの強い想いから、完治した例がたくさん報告されているそうです。

悪しき思い込みから自由になり、良き思い込みで心を満たし、善き結果、幸せを勝ち取るのが最高の御霊磨きの一つだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg
posted by miya at 00:19| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年10月21日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉