ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年10月24日

神職は超能力者ではありません

職は、神様に仕える者として、一種超能力者の様に思っておられる方がおられるようですが、確かに、強い力を持っておられる神職の方もおられますが、ほとんどの神職は、普通の人間です。

それでは、神職の役割とは何かと申しますと、それは願い人のお願い事を神様にお伝えすることであります。

神職は響きと意味の良い言葉だけで作られた祝詞によりまして、願い主の言葉を神様にお伝えします。

さすれば、ご祈祷をお受けになられる方は、神職が祝詞を奏上したからうまくいくとだけ思われることなく、神職の祝詞に合わせて真摯に神様にご祈念なさるのが肝要です。

願い主の強い想いと、神職の奏上する祝詞によりまして、神様が感応なさるのでありますので、祭事に臨まれて、願い主の心の持ちようも大変重要です。

祭事にはそのような真摯な気持ちで臨まれるのが何より肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
御朱印帳全種9-16-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
posted by miya at 00:47| Comment(0) | 神主からの言葉

一日何回感謝の言葉を口に出しておられますか

日本人は、どちらかといいますと、物静かで、しゃべることを嫌うようです。

海外、とりわけアメリカでは、語り合うことにより人々のコミュニケーションをとります。

レストランに食事が運ばれてきたら、日本人は当然のごとくの振る舞いで何も言いませんが、アメリカ人は必ず、Thank you と感謝の言葉を発しますし、日本人はドアを開けてもらっても気まずい顔をするか、何も言わずに通るか、良くて会釈をするのみですが、アメリカ人は、同じく、必ず、Thank youと感謝の言葉を発します。

どちらの文化が良いかということではありませんが、何回も感謝の言葉を発していますと、あたしたちは感謝で満ち溢れている世界に住んでいることに気付き、それは大いなる勇気を受け取り、自信につながります。

朝起きたとき、当然と思わず、今日も起きられたという感謝の言葉を自分にかけられたら如何でしょうか。

探していたものが見つかったら、「ありがとう」、おいしいものを食べたら、心から「ご馳走様、ありがとうございます」などとおっしゃるのが肝要です。

あたしたちはマスコミが報じるような悪人で満ち溢れた、暗い出来事ばかりの世の中に住んでいるのではありません。

それは、一日何回も感謝の言葉を発することによって心から認知することが出来るようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
posted by miya at 00:39| Comment(0) | 神主からの言葉

外に文句を言う前に自分の心を清める

ある神職の方から教えて頂きました。

この世の法則とは、まずあたしたちの心にあたしたちがしたいと思うものが想いという種子として植えられ、それに何度も同じ想いという水をやることにより芽吹くのだそうです。

心に芽吹いたあたしたちの想いが大きくなってきますと、それは心を飛び出してこの世に顕現したくなるのだそうです。

そうして顕現したものがあたしたちがこの世で経験することになるのだそうです。

ただ厄介なのかこの仕組みは善きことにも悪しきことにも適応されるということだそうです。

つまり、心に病気を想えば、病気がこの世の顕現し、心に皆の幸せを祈れば、この世の人々に幸せが訪れる世の中となるのだそうです。

あたしたちの周辺にあたしたちが認知する悪しきことは、実はあたしたち自身がそれぞれの心で芽吹かし水をやった結果だそうです。

さすれば、あたしたちは、外に文句を言う前に自分の心を清めるのが幸せな環境を引き寄せる要諦だそうです。

気付いていないだけで、全てはあたしたちがまずあたしたちの心の中で作り上げたものだそうです。

毎日神棚にご参拝の際に、神様に心を清めて頂くのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg
posted by miya at 00:36| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年10月23日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉