ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年10月29日

10月の限定の書置きの朱印、ミニの書置きの朱印、そして、季節印

昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。

京都は、寒さも和らぎ、観光には良い時期を迎えております。

さて、限定の書置きの朱印他に付きましてお問い合わせを頂いております。

毎月その月に因んだ限定の書置きの朱印を授与しておりますが、10月の限定の書置きの朱印は、「例大祭」と「秋の七草」の2種類であります。

同じく、10月のミニの書置きの朱印は、「例大祭」と「秋模様」の2種類となります。

また、毎月その月に因んだ季節印を、従来の当宮の朱印に加えましてご希望の方に捺させて頂いておりますが、10月は、「栗」です。

全て、10月31日迄の授与となりますので、ご希望の方はご注意ください。

また、巫女の柄の入った朱印帳と朱印袋に付きましてもお問い合わせを頂いております。

現在サイズの異なるもの、またミニの朱印帳も含めまして、全ての種類の朱印帳を授与中ですので、ご希望の方は、社務所でご覧ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
御朱印帳全種9-16-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg10月の限定の書置きの朱印「例大祭」と「秋の七草」10-1-R3.jpg
posted by miya at 01:24| Comment(0) | 神主からの言葉

天津神様と国津神様

日本の神様には大きく分けて天津神様と国津神様がおられます。

天津神様とは、天孫降臨で、高天原から降臨なさった神様、皇室につながる神様で、国津神様とは、もともと日本国を守ってくださった神様とお考えいただければ間違いありません。

そして、天津神様をお祀りしている最も位の高い神社が伊勢の内宮であり、国津神様をお祀りしているもっと位の高い神社が出雲大社であります。

伊勢参りは多くの方がなさっておりますが、是非、出雲大社もお参りなさり、天津神様と国津神様、両神様と深くつながれるのが肝要であります。

また、伊勢神宮も出雲大社も参拝なさるとお分かりになられると存じますが、とても高貴で凛とした気が神社に満ちており、その雰囲気に溶け込まれるだけでもとても良い経験になると存じます。

この時期、新型コロナウィルスの感染者も激変しており、両神社の参拝には最適な時かもしれません。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月のミニの書置きの朱印「例大祭」と「秋模様」10-1-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
posted by miya at 01:16| Comment(0) | 神主からの言葉

伊勢神宮での祈念

毎年、全国からたくさんの方が伊勢参りをなさいます。

伊勢の内宮にお祀りされている天照大御神様は、八百万の神様の頂点に立つ神様でありますのでその御利益にあやかりたいと思われる方が、伊勢参りをなさる動機にもうなずけます。

しかし、昔、伊勢神宮は一般の国民は参拝することが許されていませんでした。

伊勢の内宮や外宮は、皇室の方々がお参りなさるところであり、ここで、皇室の方々は、日本のこと、日本の国民のために祈りをささげられたものでした。

さすれば、あたしたちも、個人の祈念をする前に、まずは日本国、そして、日本国民のために祈念しては如何でしょうか。

多くの方の一途な祈りには神様は必ず感応されます。

否、既にたくさんの方が祈られたために、新型コロナウィルスの感染が終息に向かっているのかもしれません。

そして、公のための祈りは必ず祈った人に幸せを運んでくるようです。

伊勢神宮での祈念の仕方を再考したいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
10月の季節印「栗」10-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg
posted by miya at 01:08| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年10月28日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉