ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年11月28日

何かが起こった時

ある神職の方から教えて頂きました。

人生には、善いことも、悪しきことも、また、平凡な毎日もあります。

しかし、あたしたちが最も霊的成長を遂げるきっかけは、悪しきことが起こった時だそうです。

善いことが起こっている時には、今行っていることが正しいことであり、そのまま継続すればよいとの由ですから、霊的成長はあっても、それは緩やかな成長だそうです。

また、平凡な毎日が続くときには、少しのんびりして、静養せよとの時だそうですので、羽を伸ばしてあくせくせず、のんびりとすればよいのだそうです。

それに対しまして、悪しきことが起こった時には、神様があたしたちの魂の成長を加速させるために、見かけ上悪しき良質な種子を蒔いてくださったと考えて、凹むことなく、前向きに受け取ることが肝要だそうです。

また、善きことが起こっている時と異なって、これまでやってきたことの軌道修正の好機ととらえ、新しい人生に向かうが如く、気分転換、これまでやりたいと思ってもやれなかったことなどに果敢に挑みますと、飛躍的な成長が遂げられるのだそうです。

なにより、神様のなさることに間違いなしと確信し、「良かった、良かった」と前向きに捉えるのが良いそうです。

しかもそのような挑戦時、よく周辺をご覧になれば、必ず神様はセイフティネットも準備してくださっているそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新嘗祭4種11-16-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg11月のミニの書置きの朱印「秋模様」と「赤とんぼ」.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg
posted by miya at 02:18| Comment(0) | 神主からの言葉

お供えをされていますか

最近は、毎日、神棚に手を合わされる方が多い様です。

ご都合で神棚が設置できない方は、目上の位置で、綺麗なところにお神符を祀られるだけでもよろしゅうございます。きっと、部屋の空気が変わるのを感じられると存じます。

その上、余裕があれば、是非、お供えをなさるのが肝要です。

まずは、お洗米(お米を水洗いしたもの)、水、そして、荒塩をお供えなさるのがよろしゅうございます。

また、もらい物をされた時、臨時収入があった時、何でも善きことが起こりました時には、その喜びを神様と共有なさるのが肝要です。

神様と共有する喜ばしいことほど神様が喜ばれることはなく、その喜びは、神様が蓄えられて、あたしたちが歓びを求めるときに、引き出してあたしたちに還元してくださるそうです。

また、辛いことは、神様に引き取って頂き、もう平気と神様に感謝するのが肝要です。

お供え物がない時には、例えば、「仕事がうまくいきました有難うございました」と言葉のお供え物をなさる、あるいは、神様への手紙などで神様に感謝の手紙を書いてお供えされるのも肝要です。

常に神様と一緒に行動なさるのがよろしゅうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg新嘗祭4種11-16-R3.jpg
posted by miya at 02:12| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年11月27日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉