ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年11月11日

11月特別限定朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」授与開始のお知らせ

毎月、その月に因んだ季節印をご希望の方に捺させて頂いておりますが、11月は、「もみじ」です。

また、毎月、その月に因んだ限定の書置きの朱印を授与しておりますが、11月の限定朱印は、「立寒椿」と「霜月 紅葉」の二種類、同じく、11月のミニの書置きの朱印は、「秋模様」と「赤とんぼ」の二種類で、現在も授与中です。

これらに加えまして、本日から、11月の特別限定朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」の二種類を授与開始いたします。

「新嘗祭」はその年の収穫をお祝いし、神様に感謝する大変大切なお祭りですが、京都では、「お火焚祭」を新嘗祭として斎行するところが多く、京都大神宮でも、23日の夕刻、お火焚き祭を斎行いたします。

なお、ミニの朱印帳に付きましてお問い合わせを頂いておりますが、現在も授与中です。

ご希望の方は社務所でご覧ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月特別限定朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg

syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg11月のミニの書置きの朱印「秋模様」と「赤とんぼ」.jpg11月の限定朱印「立寒椿」と「霜月 紅葉」11-1-R3.jpg11月特別限定ミニ朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg
posted by miya at 01:06| Comment(0) | 神主からの言葉

11月特別限定ミニ朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」授与開始のお知らせ

昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。

京都は先日まで心地よい気候でしたが、昨日あたりから急に寒くなってまいりました。

季節の変わり目、ご自愛ください。

さて、11月は、皇室にとりましても、そして各神社にとりましてもとても大切なお祭りの一つ、新嘗祭が斎行されます。

これを記念しまして、本日11日より、11月の特別限定ミニ朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」の二種類を授与いたします。

ご希望の方は、社務所でご覧ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月特別限定ミニ朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg11月のミニの書置きの朱印「秋模様」と「赤とんぼ」.jpg11月の限定朱印「立寒椿」と「霜月 紅葉」11-1-R3.jpg
posted by miya at 00:53| Comment(0) | 神主からの言葉

病気は病気でないところを認識すること

ある霊能者の方から面白いことを伺いました。

あたしたちが病魔に侵されますと、そのことでひどく落ち込み、人生全てに暗雲が立ち込めたように感じます。

しかし、それは間違っているそうです。

あたしたちが病気になりました時に、最初に認識すべきことは病気になっていないところは、健康であるということだそうです。

左足を骨折しました時には、右足も、右手も、左手も、肋骨も、折れてないことを忘れていたことを認識し、その健全さに感謝し、左足だけの骨折でよかったと、悪しきことを嬉しいことで覆ってしまうことが肝要だそうです。

肝臓が悪くなりました時には、肺も、心臓も、すい臓も、腎臓も元気に動いてくれていることを感謝をし、健康に働いてくれているほかの臓器にも協力してもらって、肝臓も本来の状態に戻すと宣言し、確信し、神様にお手伝いして頂くのが肝要だそうです。

お医者様が治すのではなく、お医者様のお力をお借りして、自分が見事に治すと神様に誓い、前向きに希望を絶対に忘れずに頑張るのが病気治癒の要諦だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月の限定朱印「立寒椿」と「霜月 紅葉」11-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg11月のミニの書置きの朱印「秋模様」と「赤とんぼ」.jpg
posted by miya at 00:44| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年11月10日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉