ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年11月12日

人生は練習

ある神職の方から教えて頂きました。

この世では、あたしたちは完全ではありません。

それでよいのだそうです。

思ったことがすぐに叶うあたしたちの故郷では効率的に御霊磨きが出来ません。

この世では、完全でないから完全を目指すことが出来、それが大いなる御霊磨きになるのだそうです。

あたしたちは自分でそれを望んでこの世に生まれ出てきたのだそうです。

さすれば、あたしたちは人生とは練習だと認識すべきだそうです。

いろいろなことを学び、それを学ぶだけにとどまらずこの世で練習をするのが良いそうです。

成功・失敗は二の次でよいそうです。

それよりも練習を通して様々な経験をするのが重要だそうです。

倒れても良いそうです。

立ち上がればよいのだそうです。

じっとしているよりも見事に倒れて、見事に立ち上がるのが良いそうです。

そしてあたしたちには見事に立ち上がる力が秘められているのだそうです。

もう一度意識するのが肝要だそうです。

神様の子供であるあたしたちに不可能なしということを。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月の限定朱印「立寒椿」と「霜月 紅葉」11-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg11月のミニの書置きの朱印「秋模様」と「赤とんぼ」.jpg11月特別限定ミニ朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg
posted by miya at 00:44| Comment(0) | 神主からの言葉

常に神様を意識する

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちが意識しようがしまいが、神様はいつもあたしたちの近くで、そして、あたしたちの心の中であたしたちのことを見守ってくださっています。

一瞬でさえもあたしたちのことを忘れられることはありません。

さすれば、あたしたちも神様のことを常に意識することが肝要だそうです。

朝、神棚に手を合わせるとき、道に咲いた小さな花に、川のせせらぎに、神様は臨在なさります。

そのことをもう一度意識し、いつでも、何があっても神様のことを意識し、感謝することがあったら心の中で、「神様有難うございます」と唱え、困難に遭遇した時にも神様と一緒だからきっと良くなると、何があっても神様を意識するのが重要だそうです。

そのうち、心から神様との一体感が感じられ、それこそ最大の幸せなのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月特別限定朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg11月特別限定ミニ朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg11月のミニの書置きの朱印「秋模様」と「赤とんぼ」.jpg
posted by miya at 00:41| Comment(0) | 神主からの言葉

あたしたちの身体はあたしたちの敵ではない

ある神職の方から教えて頂きました。

けがをしたり病気をしたりしたとき、あたしたちは、無意識に自分の身体を敵視していないでしょうか。

「どうして自分だけ・・・」、「こんな身体に・・」など、無意識に自分の身体を呪っていませんか。

これは大きな間違いだそうです。

まずあたしたちが意識すべきことは、あたしたちの身体は、あたしたちを本当に愛してくれていることだそうです。

全能の善の塊の神様から貸し与えられたあたしたちの身体のこと、あたしたちのことを愛していないわけがありません。

このことをもう一度確認、認識して、まずは、忠実な友であり、一生の相棒であるあたしたちの身体に感謝をするのが肝要だそうです。

あたしたちの身体は、あたしたちのことを無条件で愛してくれていて、あたしたちのことを決して裏切ることはないそうです。

あたしたちは、あたしたちの身体に忍耐心と愛情を持つべきだそうです。

さすれば、どれだけ長い間病気であったかは問題ではなく、このことを認識し、唯一無二の自分の身体と二人三脚で歩く決心をしたときから、あたしたちの病気は回復に向かって動き出すのだそうです。

あたしたちはきっと治るのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月特別限定朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg
110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg11月特別限定ミニ朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg
posted by miya at 00:39| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年11月11日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉