ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年11月13日

付き合う人を選び、自分もその人に合う人になる

ある神職の方から教えて頂きました。

どのような人と付き合うかは重要だそうです。

出来るだけ明るく、何事も「イエス」から始める前向きな人と付き合うのが幸せの要諦だそうです。

しかしながら、あたしたちが出会う人は、実は自分自身の潜在意識上に無意識に決めた、求める人と会うことになっている由。

さすれば自分自身の心の想いを変えねば、自分の心を明るく前向きにせねば、明るく前向きな人と付き合えないそうです。

その一方、明るく、前向きな人と付き合えねば、心も明るくなっていくそうです、

つまり、善き方向へのらせん階段が起動しましたら、益々よくなり、悪しき方向のらせん階段から脱せない限り悪循環は永遠に続くのだそうです。

このらせん階段から脱するには、今・ここで決断するのが肝要だそうです。

思い立ったが吉日の喩の通り、どうするかは今・ここにそのポイントがあるそうです。

明日でも昨日でもなく、今だそうです。

神様に誓いを立て、導きを求めて、今ここから変わるのが肝要だそうです。

今から、付き合う人を選び、自分もその人に合う人になればよいのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月の限定朱印「立寒椿」と「霜月 紅葉」11-1-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg11月のミニの書置きの朱印「秋模様」と「赤とんぼ」.jpg11月特別限定ミニ朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg11月特別限定朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg
posted by miya at 01:02| Comment(0) | 神主からの言葉

自分で選択している

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは、自分自身に自由はなく、いろいろな方の影響のもとで、いろんな方に翻弄させられて生きているように思いがちであります。

しかし、それは間違っているのだそうです。

全ては自分自身で決めているのだそうです。

まず第一に、この世での御霊磨きをこの世に生まれ出てくる前に、神様と相談しながら、自分自身で決めてくるのだそうです。

その筋書きに従って、この世で御霊磨きをいたしますが、そのやり方もすべて自分で決めているのだそうです。

病気であろうと、健康であろうと最初に決めているのは自分自身だそうです。

さすれば不幸が続く方は、まず自分の心に自分自身で影を作っているのだと理解して、その影を取り除こうとせず、その影に神様の光を投げかけて影の居場所をなくすれば、不幸の居場所がなくなり幸福がやってくるのだそうです。

そうするかどうかは自分自身の決定事項だそうです。

その逆もまた真なり。

あたしたちが自分で心にどのような種子を植えてその種子に水をやるかにより、自分自身で進路を決めている由。

誰かを責める前に自分自身がどう変われるか、変わろうとするかが肝要だそうです。

その流れにより、周辺の人も環境も変わるのだそうです。

全ては、自分自身が決めているのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月特別限定朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg11月特別限定ミニ朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg
posted by miya at 00:57| Comment(0) | 神主からの言葉

今・ここが最高

ダライ・ラマ猊下にインタビューをなさった方が面白い話を語っておられます。

ダライ・ラマ猊下に「これまでの人生で、最も幸せだったのはいつ・どこでだったのでしょうか」、とお尋ねになられたところ、猊下は、言下に、「今・ここです」と答えられた由です。

その同じインタビューアーが別の機会に同じ質問を投げかけられたところ、やはり、「いま・ここです」と答えられた由です。

様々な経験をされてきた猊下が、どのようなことと比較しても「今・ここ」と即座に答えられたことに感動なさった由です。

しかし、これは正しいのだそうです。

神道では、中今の精神と申しまして、取り返しのつかない過去や、どうしようもなく、手の出せない未来のことで心配をするより、自分の力を行使できる、今・ここを思いっきり生きることが肝要だそうです。

何があってもあっても、今・ここでは、生きている、という事実こそ奇跡の塊だそうで、それを理解することにより、あたしたちは多くの感謝すべきことに囲まれていることを認識でき、それは神様への信頼と感謝につながるのだそうです。

ある神職の方から教えて頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月特別限定朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg11月特別限定ミニ朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg
posted by miya at 00:52| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年11月12日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉