ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年11月16日

11月16日、社務所の受付時間変更のお知らせ

昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。

京都は日に日に冬の様相を呈してきたようです。

ただ、紅葉はまだ先のようです。

さて、本日、祭典の準備他のため、社務所の受付時間を午後1時から午後4時までに変更いたします。

社務所に御用の方はご注意ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月の限定朱印「立寒椿」と「霜月 紅葉」11-1-R3.jpg
11月特別限定ミニ朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpegお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgしおり11-7-H29.jpg楠.JPGmiko.jpgsyaoku.jpg11月のミニの書置きの朱印「秋模様」と「赤とんぼ」.jpg
posted by miya at 00:39| Comment(0) | 神主からの言葉

祈りに慣れることのメリットとデメリット

ある神職の方に教えて頂きました。

毎日ご神前や神棚の前で神様に手を合わされるのが肝要です。

その際、祓詞や大祓詞を奏上されるのが肝要ですが、時間がないのでしたら、「祓へ給へ、清め給へ、ありがとうございます」と唱えられるのでも良いですし、お願い事がある方は、そのあと、ご祈念なさるのもよろしゅうございます。

毎日お参りなさるのが肝要ですが、これにもメリットとデメリットがございます。

毎日手を合わされることは、神様との絆を確かめるために肝要ですが、時として、毎日のお参りに慣れてしまい、いつの間にか神様に真摯に対峙できなくなることもございます。

そのような時には、今、お参りしているということを再度意識してお参りなさるだけでも新鮮なお参りが出来ます。

また、ご祈念の言葉を替えられるのもよろしゅうございます。

緊張せずに、良き慣れでお参りなさるのは肝要ですが、慣れすぎて、ご祈念の内容が飛んでしまわぬ様に注意なさるのも同様に肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月特別限定朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg11月のミニの書置きの朱印「秋模様」と「赤とんぼ」.jpg
posted by miya at 00:37| Comment(0) | 神主からの言葉

祈念の覚悟をして参拝する

詳しいことをご存知のない方は、神職は、ご祈祷のご依頼などがあった場合、ご神前でただ祝詞を奏上するようにご理解なさっておられる方が多いようですが、祭典に臨みましては、入念に準備をいたします。

例大祭や歳旦祭、祖霊祭などの大きなお祭りに際しましては、伊勢神宮など大きな神社では、参籠と申しまして、神職は、世間から離れ、潔斎をして祭典に臨みます。

小さな神社では、雑務も多く参籠に及ばないこともありますが、それでも、潔斎をして身を清め、下着なども替えて、祭典に臨みます。

急なご祈祷の場合でも、手水をし、塩などで自己祓いをいたします。

また、ご参列の方と同様、修祓をしまして、神様に対峙する準備をして、祭典を斎行いたします。

さすれば、ご参拝なさる方も、いつもは難しくても、特別に神様にご祈念なさる時、あるいは、毎月朔日や十五日の月並祭ほか、特別な日を決めなさって、ご参拝の前に、ご自宅で、潔斎をなさり、覚悟をもってご参拝なさると、常とは違う神様の気を感じられる方も多いようです。

漫然と祈られるのではなく、覚悟を決め、真摯に祈られるのが肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月特別限定朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg11月特別限定ミニ朱印「新嘗祭」と「お火焚祭」11-11-R3.jpg
posted by miya at 00:34| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年11月15日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉