ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年11月18日

正義の戦い

正義の戦いのもとに行動をなさっている方がおられます。

様々なお考えのもとですから軽々に是非を問えませんが、正義の戦いの特徴は、自分は絶対に正しいとの信念のもとに、「悪の権化」を捏造してしまうことです。

ところが、自分は絶対に正しいという信念が曲者で、そうしますと相手を悪者にせざるを得ません。

しかし、あたしたちが善の神様の子供であるが如く、他人も同様に善の神様の子供であり、軽々に善悪を規定すること自体、ご神慮に反します。

それぞれの方が、自分の信念に基づいて御霊磨きを通して行動しているのが真実です。

かつて「正義の味方の嘘八百」という本が上梓され、話題になりましたが、他人を悪者にして自分の生き方を規定する前に、自分自身に託された御霊磨きをするのが肝要だそうです。

あたしたちは、他人との比較など無視して、もっぱら自分自身の御霊磨きに励むのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月の限定朱印「立寒椿」と「霜月 紅葉」11-1-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg
posted by miya at 00:55| Comment(0) | 神主からの言葉

恐れと不安

ある霊能者の方から伺いました。

あたしたちの行動の原動力を検討しますと、それは、未来に対するありとあらゆる「恐れと不安」であることがほとんどのようです。

未来に失職するかもしれない、恋人と別れるかもしれない、離婚するかもしれない、家が無くなるかもしれない、等々。

しかし、それぞれの人生を振り返られると、ほとんどの「恐れと不安」は杞憂であったことがわかると思います。

まず第一に未来の「恐れと不安」の9割は、実現しないそうです。

次に、神様の子供であるあたしたちのことは、親といえる神様がいつも守ってくださっていることを改めて認識し、確信し、理解することが肝要であり、さすれば、未来の「恐れと不安」など、縁のないものであるとわかるはずです。

「未来の恐れと不安」など虚なのだそうです。

さすれば、未来に必ずやって来る「死」はどうなるのかと考えられますが、あたしたちの本体である魂は決して死なない生き通しのものであり、「死」はこの世でなすべきことが終了したので、故郷に戻るだけであり、再び生まれかわってくるので、「死」さえ、「恐れでも不安でもない」のだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新嘗祭4種11-16-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg11月のミニの書置きの朱印「秋模様」と「赤とんぼ」.jpg
posted by miya at 00:50| Comment(0) | 神主からの言葉

自分を認めてあげる

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは自分を認めてあげるのが肝要だそうです。

あたしたちは、いつの間にか自己否定をしてそれをエネルギーにして人生を歩んでいることが多いようです。

自己否定も時には大きな力を発します。

例えば、怠け癖がついているので、勉強が進まないと自己否定をし、それをエネルギーにすれば、勉強がはかどるかもしれません。

しかし、自己否定をし続けますと、今度はいつまでたっても納得できず、無間地獄が続くこともあるようです。

しかし、あたしたちは神様の子供です。

そのようにひどいもののはずがありません。

さすれば、まずは自分を認めてあげるのが肝要だそうです。

そして、自己否定をしている自分を見つけたときも、それを逆否定するのではなく、自己否定をしている自分も認めてあげるのだそうです。

肯定のもとにポジティブなことも、ネガティブなこともおこなうようにしますと、心に余裕が出来るそうです。

ネガティブな自分も認めてあげると、今どのような状態であるかがわかるため、ネガティブに溺れることがないそうです。

そして、ネガティブな想いをエネルギーとして使いきった後は、速やかにポジティブな自分、神様の資質を持った明るく前向きな自分を認め、その方向に戻るのが肝要だそうです。

あたしたちは素晴らしい存在であると宣言し、その様に行動するのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新嘗祭4種11-16-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg
posted by miya at 00:46| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年11月17日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉