ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年11月25日

水の惑星

太陽系の惑星の中で唯一知能の高い生物が繁茂した地球ですが、その大きな理由の一つが水の存在だそうです。

地球がいわゆるハビタブルゾーンに位置するからですが、そのため、地球では、水が蒸発することも、凍てつくこともなく、存在することが出来ます。

これが、生物の繁栄のもとゆとなりました。

しかもいまだに地球の水はどこからやってきたのか確たる理論が構築されていない由です。

この水、不思議なことに神社とも関係が深いものがあります。

神棚やご神前には必ず水を供え、参拝の前には必ず、手水で手や口を清めます。

また、伊勢の五十鈴川を引き合いに出すまでもなく、神社はきれいな水が流れる近くに建立されることが多く、また、形代などは、もともと水に流して清め、諸々のマガゴト、罪・科・けがれは、大祓詞に述べられている如く、水の中で灌がれ薄められて祓え清められました。

水回りやトイレなど水に関係するところをキレにするのは幸運を引き寄せる要諦であり、神棚の水は常に新しいものになさるのが肝要です。

この奇跡の液体、水に想いを寄せ、改めて感謝したいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月の限定朱印「立寒椿」と「霜月 紅葉」11-1-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg
posted by miya at 00:16| Comment(0) | 神主からの言葉

日本の凄さに感謝

かつてアメリカの特殊部隊グリーンベレーに、父君がアメリカ人、母君が日本人の友人がいました。

彼は任務で世界中を旅してきましたが、常に、様々な国と比べて日本は夢の国であり、成田や大阪に着陸のため高度を下げていくと、いつもまるでディズニーランドにやってきたような気がすると言っていました。

街は綺麗で、世界中の食べ物が溢れ、清潔で、交通機関は充実し秒単位で動く、などなど。

日本人はどうしてもっと自信を持ち、自分の国を誇りに思わないのか不思議だと言っていました。

日本人の謙虚さであり、その様な謙虚さがあっての善き文化を育んできたともいえるでしょうが、もっと日本の凄さに感謝すべきなのかもしれません。

かつて「日本は神国」と言って叱られた政治家がおられましたが、神道の汎神論を持ち出すまでもなく、日本は神気に溢れた国であるようです。

おごることがないようにするためにも感謝が大切であり、神様にそして自分自身に感謝するのが肝要のようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
新嘗祭4種11-16-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg11月のミニの書置きの朱印「秋模様」と「赤とんぼ」.jpg
posted by miya at 00:13| Comment(0) | 神主からの言葉

祝詞をじっくり聞く

神社を正式参拝なさりますと、昇殿なさり、修祓というお祓いをお受けなさった後、神職が祝詞を奏上するのを聞かれます。

祝詞は、大和言葉のみで作られており、古語も多く、また、例えば、「写真」を「うつしえ」と古語で言い換えるなどしているために、理解しにくいこともあると思われます。

しかし、それでも、真摯に聞かれますと、その意味するところはお分かりになられると存じます。

祝詞では、通常、まず、神様に感謝の言葉を述べ、後半にお願い事を述べます。

お願い事の前に、これまで、今、そしてこれからも常に護ってくださっている神様、数々の奇跡を起こしてくださる神様に感謝をするのが肝要であり、そのうえで、新たなお願い事を述べるわけであります。

祝詞をじっくり聞かれるとこの辺りもご理解いただけると存じます。

この祝詞の書き順は、毎日神棚やご神前でのご祈念にも応用して頂けると思われます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月の季節印「もみじ」11-1-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg
posted by miya at 00:09| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年11月24日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉