ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年12月02日

神宮大麻

伊勢に鎮座する伊勢神宮は、内宮と外宮をはじめ、125のお社より成り立っています。

その中心である、皇大神宮は、皇室の御祖神である天照大御神様をおまつりし、国と民とに幸せをもたらす最も尊い神様として崇められています。

神宮大麻は、陽の光にも例えられる大御神の御恵が広く国家、国民の上にと願われた明治天皇陛下の思召しにより頒布されてきました。

国家国民平安の祈りのこもった大切な御神札です。

年末になりましたら新しい神宮大麻と氏神様、そして、崇敬なさっている神社の神札をお祀りいただき、新年を清々しくお迎えください。

また、日々神棚に手を合わせて感謝の真心を捧げ、家内の安全、家業の繁栄を祈り、心豊かにお過ごしください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
季節限定朱印「年越大祓」と「師走 冬景色」11-30-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg12月季節印「椿」11-30-R3.jpgミニの書置き朱印「年越大祓」と「南天」11-30-R3.jpg
posted by miya at 00:56| Comment(0) | 神主からの言葉

大祓祭

神道では、清浄を大切に致します。

そのため、毎年、6月末の水無月祓と大晦日の大祓祭を斎行して、半年の間に心身に付いた罪穢れを祓え清めます。

つきましては、形代にそれぞれの方のお名前と数え年を書いて頂き、身体をさすられ、三度息を吹きかけたものをお心持の初穂料とともにお納めいただき、大祓祭の斎行後、お焚き上げいたします。

形代をご希望の方にはお渡しいたしますので、社務所でお申し付けください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニの書置き朱印「年越大祓」と「南天」11-30-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg12月季節印「椿」11-30-R3.jpg
posted by miya at 00:54| Comment(0) | 神主からの言葉

べきこと、執着から離れる

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちが神様から頂いた最も大きな贈り物は自由だそうです。

あたしたちは善の神様の子供で、神様への道を歩む者ですから、常に善で身をまとい、善を追い求めるものであるはずですが、それですら神様は、押し付けられず、あたしたちの裁量に任せてくださっているそうです。

さすれば、あたしたちに「べきこと」はなく、何に対しても執着しないのが肝要だそうです。

存じ上げている方はどうしてもピアニストになりたくて、幼少のころから練習に明け暮れられ、それなりの進歩を遂げられましたが、重要な機会にはことごとく失敗なさり、遂に人生をかけたピアニストの夢を絶たれました。

ところが、そのあと、チェンバロに出会われ、当時あまり弾かれることが少なかったチェンバロを極められ、日本でチェンバロ界を牽引するチェンバリストになられ、人生が大きく変化なさった由です。

また、ある方は、音楽関係の仕事に付きたいと、努力をなさったものの叶わず、たまたま、音楽にまつわる絵画の仕事をなさると、急に道が広がり、数々の国際的な展覧会を主宰されるプロデューサーとなられました。

望む道を努力して進むのは肝要ですが、時には、目指す道に対する執着から離れ、ちょっとわき道にそれることにより、より高みに進むことも出来るそうです。

しかもこれらの方が異口同音におっしゃるのは、それまでの努力も決して無駄ではなかったとの由です。

神様のなさることに間違いなしだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月季節印「椿」11-30-R3.jpg
110531_163358.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg
posted by miya at 00:50| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年12月01日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉