ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年12月03日

京都大神宮の社務所受付時間、お越しになり方、ほか

京都大神宮の社務所受付時間やお越しになり方に付きまして、お問い合わせを頂いております。

京都大神宮は、京都の中心部、四条河原町から歩いて5分ほどの処にございます。

最寄り駅は、阪急の「京都河原町駅」、京阪の「祇園四条駅」、地下鉄の「四条」、そして、市営バスの「四条河原町駅」となっております。

四条河原町から、四条通を西に進んで頂きますと、最初の南北の通りが寺町通で、角にはデパートの「藤井大丸」がございます。ここを左折して頂き、南に80メートルほど行った東側にございます。

門は、午前8時頃から午後7時頃まで開けており、ご参拝頂けますが、社務所は、午前9時から午後4時迄受付をさせて頂いております。

なお、寺町通は、常に渋滞しており、また、寺町通は、自転車の駐輪禁止強化地域であります。

京都大神宮の境内は狭く、関係の車などの出入りも激しくございますので、自転車、バイク、車でのお越しはご遠慮ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
季節限定朱印「年越大祓」と「師走 冬景色」11-30-R3.jpg

神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpegスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpegお守り各種4-27-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgしおり11-7-H29.jpg楠.JPGmiko.jpgミニの書置き朱印「年越大祓」と「南天」11-30-R3.jpg
posted by miya at 01:01| Comment(0) | 神主からの言葉

大祓詞

各神社では、毎日神職がご神前で大祓詞を奏上し、皆様そして神職を祓え清めております。

大祓詞の力は夙に述べられていることでありますが、響きの良い、意味の良い言葉を厳選して作られており、いわば、マントラとスートラを兼ね備えた祝詞といっても過言ではありません。

皆様も毎日神棚で唱えられる、あるいは、風呂で撤下塩で清められるときに唱えられる、あるいは、また、何か嫌なことがあった時に唱えられるなど、いつも唱えられるようになさるのが肝要です。

京都大神宮では、大祓詞のプレイトを授与しておりますので、お守り袋に入れられる、あるいは、身に付けられるのも肝要です。

改めて、大祓詞の力を認識され、大切になさるのがよろしゅうございます。

ある神職の方から教えて頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg12月季節印「椿」11-30-R3.jpg
posted by miya at 00:51| Comment(0) | 神主からの言葉

社会的成功より自分らしく生きる

ある神職の方から教えて頂きました。

人には多くの欲がありますが、その中でも金銭欲と名誉欲は二大欲のようです。

さすれば、社会的成功は、金銭欲や名誉欲、あるいは両者を獲得するためにも目指すべき目標の一つといえます。

そして、それらの欲を目指すことは決して悪いことではないそうです。

寧ろ欲を追求することも一種の御霊磨きだそうです。

しかしながら、よく周辺を見回しますと、それらの社会的成功を勝ち取られた方が、必ずしも幸せでなく、より上の社会的成功を目指してあくせくされているということもよくあることです。

社会的名声は、麻薬のようで、飲みあがりし、どこまで行っても満足できず、却ってつらくなる方も多い様です。

さすれば、社会的成功を目指しながらも自分らしく生きることの重要性を認識、理解しながら進まれるのが肝要だそうです。

人に褒められても、それは本当の満足につながりませんが、自分で自分を褒めてあげられるのは最高の幸せにつながります。

神様が求められているのは、あたし達、個人個人が幸せであり、幸せになり、より幸せになることだそうです。

心が嬉しくなる生き方が神様への近道だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
令和4年の暦9-23-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg
posted by miya at 00:48| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年12月02日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉