ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年12月07日

お天道様

少し前まで、子供を諭す際に、「お天道様がご覧になっている」という言葉を用いました。

誰にも見られていないからといって悪しきことをするのではなく、神様はいつもあたしたちのことをご覧になっているのだから、神様に見られても恥ずかしくない生き方をすべきとの意味であります。

このお天道様をもう一度意識するのは肝要です。

いつも見られているというのは、自分を律するのにはとても良い方法です。

さらに一歩進めて、あたしたちが、お天道様の視点に立って自分自身を見つめるのが肝要です。

さすれば、神様のお力をお借りするとともに、自分自身に、自分を律する力、自分自身を善き方向にコントロールする力を身に付けることが出来ます。

また、悪しきことが起こりましても動じることなく、自分自身を客観的に見ることによりまして、冷静に自分の進むべき道を決めることが出来ます。

神様は何が起こりましても、その善きところを発展なさっていかれますが、あたしたちもそういったお天道さんのなさりようを意識し、取り入れるのが肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
季節限定朱印「年越大祓」と「師走 冬景色」11-30-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg御朱印帳全種9-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg12月季節印「椿」11-30-R3.jpgミニの書置き朱印「年越大祓」と「南天」11-30-R3.jpg
posted by miya at 01:22| Comment(0) | 神主からの言葉

感謝と神様の視点

ある神職の方から教えて頂きました。

多くの宗教で、感謝の重要性を説きます。

それには幾多の理由がありますが、その中の一つとして、感謝の心を持つことは神様の視点を持つことになるからというのがあります。

感謝をすることは、心を明るく保つこと、心の中に意図せず出来てしまう暗闇を感謝の明かりで消すことであり、これはとりも直さず、神様のなさることであります。

さすれば、感謝の心を持つとは、神様の視点に立つことを意味します。

感謝し、神様の視点に立って物事を進めていきますれば、間違うことはなく、また、常に前向きに考えることが出来、それはとりもなおさず、成功を取り込む、幸せになる要諦であります。

また、感謝により神様の視点を持つことが出来ましたら、善きことが起こりました時には当然のことながら、悪しきことが起こりましても、その善き面を見つけ、善き方向に軌道修正することが出来、それはまさに霊性の進化を意味します。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月季節印「椿」11-30-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg
posted by miya at 01:08| Comment(0) | 神主からの言葉

諦めは禁物

京都大神宮によくご参拝なさる方から勇気を頂けるお話を伺いました。

この方のご友人は、体調を崩され、医師よりある薬を処方してもらわれたそうです。

とてもよく効く薬で体調がドンドン快方に向かわれ、とても喜ばれたそうです。

ところがよく効く薬にありがちですが、当該の薬には副作用があり、その副作用はこの方にはとても危険で、結局医師の判断で薬を服用するのを断念された由です。

よく効く薬が使えないとの由でいたく落胆されたそうです。

しかし、その後、心を入れ替えられ、神様の子供に不可能なし、神様はきっと助けて下さると、毎日ご神前で祈念なさる時、副作用のない薬が現れたことを涙ながらに神様に感謝なさるイメージを抱いて神様に感謝の祈念をなさったそうです。

その後、何も起こらなかったそうですが、決してあきらめず、毎日感謝の祈念をなさったそうです。

ところが、その後、たまたま薬局で、新薬が発売になったことをお聞きになられ、担当医師にそのことを告げられたところ、まさしくこの方のために開発されたような、よく効く、しかも副作用のない薬だった由で、その薬を服用なさってから体調は完全に回復なさった由です。

あきらめなければ奇跡は奇跡でなくなるとおっしゃっていました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月季節印「椿」11-30-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg
posted by miya at 01:05| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年12月06日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉