ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年12月09日

12月9日、社務所の受付時間変更のお知らせ

昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。

京都は、とても寒い一日でした。

師走とはよく言ったもので、なぜか、12月は、慌ただしい毎日です。

しかし、お正月が間もなくやって来ると考えますと、心がうきうきとしてまいります。

さて、本日、祭典の準備他のために、社務所の受付時間を午後1時から午後4時迄に変更いたします。

社務所に御用の方はご注意ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
季節限定朱印「年越大祓」と「師走 冬景色」11-30-R3.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg12月季節印「椿」11-30-R3.jpgミニの書置き朱印「年越大祓」と「南天」11-30-R3.jpg
posted by miya at 01:56| Comment(0) | 神主からの言葉

自分で選ぶ

あたしたちが意識していたかどうかは別としまして、これまでの情報は、マスコミの編集者やプロデューサー、ディレクター、編成局員などにより選別されたものが一方的に流されてきていました。

しかし、ネットをはじめとしたマルチメディアが構築されたために、あたしたちは、様々な情報源を持つことが出来、そこから自分で取捨選択することが出来るようになりました。

えてして、マスコミでは、暗い事、悪しきことが取りざたされ、そのためにそれらの悪しきことを凌駕する素晴らしいことの存在が隠されていました。

しかし、泥棒事件があると同時に、ものをなくして困っておられる方に落し物が届けられ、死に対して誕生があります。

暗いものばかりで身も心も満たしますとそこには夢や希望や奇跡の入る余地もありません。

しかし、明るいものに目を転じますと、あたしたちの無限の可能性を感じることが出来ます。

ある神職の方によりますと、出来るだけ身の回りを明るい前向きなもので固めることが肝要だそうです。

明るい楽しい本、気持ちのよくなる音楽や絵画、感動的な話などで、心を満たすことが肝要だそうです。

そして、これは神様のなさり様であり、さすれば神様と同じ波長をもつことが出来、幸せがやって来るしかなくなるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg12月季節印「椿」11-30-R3.jpg
posted by miya at 01:51| Comment(0) | 神主からの言葉

心に余地を作る

あたしたちは辛い時に神様にご祈念いたします。

あたしたちが辛い時には、心が闇に覆われます。

そう致しますと、どの様に善いことを想いつこうが、神様がどのような善き智慧を授けてくださろうが、それを受け入れる場所がございません。

さすれば、まず、心を祓い清めて、悪しき想いを心から駆逐し、善き想いや神様の善き智慧を受け入れる余地を作る必要があります。

そのためには、毎日大祓詞や祓詞を唱えて、心からいらぬ悪しき想いを祓いさることが肝要です。

いな、何とか駆逐しようと致しますと、そういった悪しき想いは、よけいに抵抗して根を張ろうと致します。

さすれば、無理に抵抗せず、その悪しき想いの上に、神様の奇跡を心より感じ、理解し、信頼して、神様の悦びという光を当てて、暗闇を覆い隠すのが肝要だそうです。

そうして、暗闇の無くなった、明るい余地に素晴らしい想いや神様の智慧が流れ込み、それに従って開運してくのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月季節印「椿」11-30-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg
posted by miya at 01:47| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年12月08日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉