ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年12月14日

お節料理

お節料理とは、本来、お正月に、歳徳神様にお供えする料理のことでありました。

しかしながら、後に作り置きされたご馳走が重箱に詰められ、正月の間に食べる縁起物として庶民の間に広まった、一種の保存食へと形を変えてまいりました。

いつからか、お正月の準備で忙しかったので、お正月の間は、お節料理を食べて、いつも料理を作って疲れている方を慰労しようという意味もありました。

また、元旦は、お風呂にも入らず、お風呂にも休んで頂こうという心遣いもあります。

神道では、動植物のみならずすべてのものに魂が宿ると考えますし、日本人の何ともほほえましい習慣でもあります。

こういった習慣は、続けていきたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
季節限定朱印「年越大祓」と「師走 冬景色」11-30-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg紫の新朱印帳12-12-R3.jpg金の新朱印帳12-12-R3.jpg12月季節印「椿」11-30-R3.jpgミニの書置き朱印「年越大祓」と「南天」11-30-R3.jpg
posted by miya at 03:12| Comment(0) | 神主からの言葉

歳徳神様

歳徳神様の属性としましては、その年の干支によりまして居を変えられることが知られております。

その年に歳徳神様がおられる方位が「恵方」、「明の方」と呼ばれまして、万事に吉と解釈されます。

その方位を決定する根拠は十干にあり、甲・己の年は、東北東、乙・庚の年は、西南西、丙・戊・辛・癸の年は、南南西、丁・壬の年は、北北西にあたります。

因みに、来年、令和四年は壬寅ですので、恵方は、北北西となっております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
金の新朱印帳12-12-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg12月季節印「椿」11-30-R3.jpg
posted by miya at 03:05| Comment(0) | 神主からの言葉

29日と31日

正月飾りの準備を行う際には、忌避される日があるのはご存知だと思います。

二十九日がその日に当たりますが、二十九日は、音が同じ「二重苦」であるためです。

同時に、大晦日に当たります三十一日は年内一晩だけの「一夜飾り」となることから、葬儀前夜の準備を連想させるとして避けられるのであります。

最近は、その様な迷信など関係ないと、お構いなしになさる方も多く、それも一つの考え方ですが、言霊ということもあり、わざわざ挑戦的にしなくても、心に余裕をもって、無理をせずに出来るものは、縁起を担ぐのも悪くはないようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月季節印「椿」11-30-R3.jpg
110531_163358.jpg楠.JPGミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgお守り各種4-27-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg金の新朱印帳12-12-R3.jpg
posted by miya at 03:00| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年12月13日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉