ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年12月18日

常識という目安

あたしたちは、多くのことを常識と比較して判断いたします。

ところがこの常識が曲者です。

アインシュタインは、「常識とは、18歳にまで身に付けた偏見のコレクション」と述べられた由です。

つまり常識とはあくまで目安でしかないということであります。

しかし、現在これまでの常識といったものが次々と崩されています。

コレステロール値しかり、血圧しかり、卵は悪者から最高のたんぱく源と変わりました。

常識を善き方向に使うのは良いのですが、常識により身動きが取れない方は、常識が正しいわけではないと、一度あたしたちの本質である自分の魂と相談するのが肝要だそうです。

そして、自分の感情が喜ぶものを選択するのが良いそうです。

心が喜ぶもの、感情が高揚するものは、その方により進むべき道を示しているそうです。

ある霊能者の方から教えて頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
季節限定朱印「年越大祓」と「師走 冬景色」11-30-R3.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg紫の新朱印帳12-12-R3.jpg金の新朱印帳12-12-R3.jpg12月季節印「椿」11-30-R3.jpgミニの書置き朱印「年越大祓」と「南天」11-30-R3.jpg
posted by miya at 01:50| Comment(0) | 神主からの言葉

科学という宗教

ある霊能者の方から教えて頂きました。

最近は、なぜか宗教と申しますと、否定的な、あるいは怪しげなニュアンスで捉える方が多い様です。

その対極として、科学を考え、科学万能主義に陥っているようです。

しかし、科学者の方自らが、語られている通り、科学で証明できていることはほんの少しで、実際、科学的に基礎から積み上げてすべてが導けるかといいますとそうではなく、多くのことが帰納法的に説明されています。

つまり、全ては仮定であるということであります。

しかも、この科学という宗教を信仰している方々の中で科学的な態度でない方が多々おられます。

あたしたちは、科学を重要視し、論理的思考を使うとともに、あたしたちが理解できないもの、知らないものは山の様に多いという事実、科学的な証明の多くが仮定であることを認識して、もっと謙虚に、真摯に物事に対応するのが肝要だそうです。

神様は亡くなって居られず、歴然としておわします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
紫の新朱印帳12-12-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg12月季節印「椿」11-30-R3.jpgミニの書置き朱印「年越大祓」と「南天」11-30-R3.jpg金の新朱印帳12-12-R3.jpg
posted by miya at 01:41| Comment(0) | 神主からの言葉

途中に何があっても初志貫徹

ある霊能者の方から教えて頂きました。

それまで神様を意識されていなかった方が神様を意識され、神様への道を歩もうとされるとき、また、困難な状況、あるいは病気から回復したいために神様に祈念なさる時、そのあと、寧ろ、悪しきことが続いたり、病状が悪くなる方が多くおられるようです。

しかし、これは神様が意地悪されているわけではなく、それまで心身に付いたマガツ事を神様が祓ってくださっていることが現象として現れるからだそうです。

同時に、ご参拝なさる時に雨が降ると縁起が悪いとおっしゃる方がおられますが、その様なことはなく、これは神様がお祓いをしてくださっているのであり、寧ろ、神様が感応されたと喜ぶべきだそうです。

これまで、清祓いをお願いされ、斎行しましたところ、祭典が終わった直後に、雨が降り出したり、強い風が吹くことが多々あります。

施主の方はご心配なさることもございますが、これも良い兆候です。

実際、その後少しして、清祓いとそのあとの雨や風の後、雰囲気が変わって、心身ともにとても快適になったとおっしゃる方がたくさんおられます。

神様に祈念しましたならば、お願いされたことが叶えられるまでの経緯で、何が起ころうとこれは善きことのために必要なことと、神様を信じ切って、目の前のできることを熱心にこなすことが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月季節印「椿」11-30-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg紫の新朱印帳12-12-R3.jpg金の新朱印帳12-12-R3.jpg
posted by miya at 01:16| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年12月17日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉