ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年12月27日

交通安全のステッカーと心願成就のステッカー

交通安全のステッカーと心願成就のステッカーについてお問い合わせを頂いております。

現在も授与しておりますので、ご希望の方は、社務所でご覧ください。

ステッカーは良く見えるところに貼られて、いつも神様に護られているということを意識し、常に神様がご覧になっていると認識されて神様に恥ずかしくない動き、神様も諾といってくださるような努力をなさることが肝要です。

常に意識されて努力されると、のんべんだらりと無意識に努力をされるより、自分自身が自分の頑張りを理解でき、さすれば、神様から救いの手が差しのべられた時もわかりやすいのだそうです。

ステッカーはそのようにご活用ください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
交通安全ステッカー9-11-H30.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg12月季節印「椿」11-30-R3.jpg
posted by miya at 01:00| Comment(0) | 神主からの言葉

書き出してそこにとどめる

最新の心理学では、あたしたちの恐怖を取り除く方法として、あたしたちが恐怖に感じていることを紙に書き出し、そこにとどめ置いて心から取り除くという方法があるそうです。

そして、改めて恐怖が心に顕現した時には、その恐怖はすでに心から取り除いて紙に書き出し封印しているのでもう心配ないと自分自身に言い聞かせるのだそうです。

京都大神宮では、神様の手紙を授与しておりますが、最近、手紙を書かれる方が以前にもましてとても増えておられるようです。

書いておられる方に伺いますと、神様の手紙に神様への質問を書きますと必ず何らかの形で回答を貰えるから書いておられるとか、神様に感謝の手紙を書かれるとか、お願い事を書かれるなど様々ですが、辛いことを神様に引き取ってもらうために書かれる方もおられる由です。

心に表れる恐怖も神にとどめ置かれるとともに神様に引き取って頂くと安心が増大します。

神様への手紙もご活用ください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
金の新朱印帳12-12-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpegお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg12月季節印「椿」11-30-R3.jpgミニの書置き朱印「年越大祓」と「南天」11-30-R3.jpg紫の新朱印帳12-12-R3.jpg
posted by miya at 01:00| Comment(0) | 神主からの言葉

孤立する人々

新型コロナウィルスの感染拡大なども関係し、最近とりわけ若い方に人付き合いのできない方や、人間関係で悩んでいる方が多い由です。

また、善き人間関係を結ぼうとしてかえって騙されたり裏切られたりされる方も多い様で、もう人間関係を構築するのはこりごりとおっしゃる方も多い由です。

その一方、人間関係の重要性を強調なさり、善き人間関係を作ることこそ大切とおっしゃる方もおられます。

存じ上げている神職の方によりますと、どちらも正解であり、どちらかが間違っているということはないそうです。

人間関係を勉強するのも神様への道、孤立して進むのも神様への道だそうです。

まずは、どちらの道にも執着せず、相手にこだわらないことだそうです。

自分を伸ばしてくれる人と付き合い、人は変わりますから、その人のお役目が終わり、人間関係がぎくしゃくすれば、離れればよいのだそうです。

また孤立を怖がらないのが良いそうです。

あたしたちには万軍の先祖の背後霊や神様がついてくださっているので怖いものなしだそうです。

寂しくなったときには、外に誰かを探すのではなく、自分自身と語るようにすれば、背後霊や神様を感じることが出来、孤立の恐怖からも解放されるそうです。

この世は霊性の異なる人々が一堂に会して、それぞれが主人公のドラマを演じておりますので、人に執着せず、自分にこだわり、自分に執着し、自分を大切に、自分に感謝するのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月季節印「椿」11-30-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg空の足跡9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg紫の新朱印帳12-12-R3.jpg金の新朱印帳12-12-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg
posted by miya at 01:00| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年12月26日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉