ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2021年12月28日

無知の無知

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちが気を付けるべきは、「無知の無知」だそうです。

「無知の無知」とは、あたしたちが、知り得ていないことがあることにさえ思い至らない、気づいていないということです。

最近、あたしたちは、「そんなことはあるはずがない」と発言したり、自分が信じていること以外は受け入れないというような態度をとることがあります。

「ありえない」という言葉を発せられなさる方もおられます。

そこには、自分の認識や経験が中心になっており、「無知の知」がありません。

しかし、あたしたちの理解が及ぶことには限りがあります。

全てを知り得ておられるのは全てを創られた神様のみです。

神様はあたしたちが目指すものであり、挑戦の対象ではありません。

あたしたちは、もっと謙虚になるのが肝要だそうです。

謙虚になることにより、そこには知らないことがあるという余裕があり、神様による奇跡が起こる余裕も出来ます。

一方、全てを知っているとの認識でおりますと、そこには新たな発見の余裕もありません。

これまでにも、このような考えにより、多くの新発見への障壁がありました。

もっと自由に謙虚におおらかに生きるのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
季節限定朱印「年越大祓」と「師走 冬景色」11-30-R3.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gif巫女座り.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg紫の新朱印帳12-12-R3.jpg金の新朱印帳12-12-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg12月季節印「椿」11-30-R3.jpgミニの書置き朱印「年越大祓」と「南天」11-30-R3.jpg
posted by miya at 01:37| Comment(0) | 神主からの言葉

完璧を嫌う

ある神職の方から教えて頂きました。

完全主義者の方でなくても、多くの方は完璧を目指して努力します。また、仕事などでも、ミスがないように、何度もチェックをいたします。

飛行機の整備が完璧でなくては、怖くて搭乗できません。

しかし、このように完璧がマストのものを除きますと、遊びの部分がある、つまり完璧を目指さないのが肝要だそうです。

完ぺきとは、結果に対する執着です。

しかし、どの様なものにも執着しないのが人生を楽しむ要諦であり、それはまた、より進化する伸びしろを持てるということにもなるそうです。

実際、日光東照宮の陽明門の一本の柱がわざと天地逆になっていたり、天皇陛下が即位の時に用いられる大嘗宮の高御座も完璧な八角形ではなく、同様に聖徳太子ゆかりの夢殿も、遊びの部分を設けているそうです。完璧を目指して、しかも余裕をもって、何とかなるとの思いで歩むのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
金の新朱印帳12-12-R3.jpg
miko.jpg巫女座り.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpegミニ朱印帳と朱印9-12-R2.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgスカイマーク機内誌紙面9-10-R3.jpeg令和4年の暦9-23-R3.jpg御朱印帳全種9-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg12月季節印「椿」11-30-R3.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg紫の新朱印帳12-12-R3.jpg
金の新朱印帳12-12-R3.jpg
交通安全ステッカー9-11-H30.jpg紫の新朱印帳12-12-R3.jpg
posted by miya at 01:29| Comment(0) | 神主からの言葉

自分の人相をよくする

最近は、新型コロナウィルスの感染拡大のために人付き合いも少なくなり、また人を気にすることが少なくなったために、自分の顔に対する意識が少なくなり、人相が変化している方も多い由です。

顔で人を判断してはならぬといわれますが、人の心は人相に出るようです。

さすれば、毎日鏡で顔を見て、微笑みを絶やさぬよう、辛い時でもすでに解決したが如く顔に微笑みを貯え、厳しい人相にならぬように気を付けることが肝要だそうです。

人相が良いと幸福が引き寄せられるようです。
自分の人相に責任を持ち、人相が良くなるように常に気を配るのが肝要だそうでです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月季節印「椿」11-30-R3.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg空の足跡9-10-R3.jpeg御朱印帳全種9-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpgミニの書置き朱印「年越大祓」と「南天」11-30-R3.jpg
posted by miya at 01:22| Comment(0) | 神主からの言葉

2021年12月27日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉