ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年03月03日

3月3日、社務所の受付時間変更のお知らせ

昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。

本日は、ひな祭りです。

最近はひな人形を飾る処も少なくなっているようですが、大層なひな人形を飾らなくても、折り紙などのひな人形を飾られるのも風情があって楽しいものです。

ひな人形は、夏越大祓や年越しの大祓に用います人形の由来にもなっております。

それぞれの楽しいひな祭りをなさったら如何でしょうか。

さて、本日3月3日、通常通り、午前9時から午後4時迄社務所の受付をいたしますが、祭典の準備他のため、午後1時から午後3時までの間のみ社務所の受付を休止いたします。

社務所に御用の方はご注意ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の限定の書置きの朱印「桃の節句」と「弥生 桃の花」3-1-R4.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg祝箸2種1-24-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg梅の花2-17-R4.jpg3月の季節印「お雛様」3-1-R4.jpg3月のミニの限定の書置きの朱印「桃の節句」と「桃と橘」3-1-R4.jpg
posted by miya at 02:25| Comment(0) | 神主からの言葉

神社を汚さない

ある神職の方から教えて頂きました。

この神職の方が奉職なさる神社が時々参拝の方に汚されて困っておられる由でした。

また、最近神社の境内にございます樹木などがパワースポットと称して紹介され、樹木の幹にしがみついたりなさる方もおられる由ですが、そのために、木々が枯れてしまうこともあるそうです。

各神社の境内は神域が満ち溢れており、そのために毎日神職が掃き清めております。

そのようなところを汚されると、神様の住まいを汚されるのであり、それはあたしたちの神様の住まいである心を汚すのと同様で、感心できません。

また、気は木に宿るの喩の通り、境内の木々は良き気を発していますが、それはしがみついて得られるものではなく、近くに行かれて、全身に浴びられるものです。

そういった木々を枯らしますと、逆効果で、悪しき気を受けることにもなります。

神社参拝の折には、親御さんを訪問なさるつもりで、親しき中にも礼儀ありの心意気で、神様の住まいである神社を汚さないように留意なさるのが肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月のミニの限定の書置きの朱印「桃の節句」と「桃と橘」3-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg祝箸2種1-24-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg梅の花2-17-R4.jpg3月の季節印「お雛様」3-1-R4.jpg
posted by miya at 02:18| Comment(0) | 神主からの言葉

神社から持ち帰るもの

毎日たくさんの方にお参り頂き、ありがとうございます。

神社をお参りなさる方の中には、あるいは記念に、あるいは、神様を身近に感じたいために、お参りなさった神社の境内にあります石や砂などを持ち帰る方がおられます。

そのお気持ちもわからないではありませんが、ただ、勝手に持ち帰られるのはあまり感心できません。

何より、神社の鳥居を潜られますと、そこは神域でありまして、全てのものは神様のものであります。

神様のものを勝手に持ち帰られるのは、人間でも家の中のものを勝手に持ち帰られると愉快にはならないのと一緒で、神様も愉快にはなられないのではないでしょうか。

神社によりましては、祓砂として、砂を授与しておられるところもございますので、それをお求めになられるのが肝要です。

また、本殿の後ろの砂を求める方もおられますが、当宮を含めまして、取ることが難しいところもありますし、可能な処でも、社務所の許可を得てからなさるのが肝要です。

それらにもまして、参拝の方が最も持ち帰られるべきものは、神様の善き気であります。

ご参拝の折、ご神前で手を合わされるときに、神様の良き気を全身に頂くというつもりで深く息を吸われる、あるいは、境内でしばし、ご神威に身をさらすなどなさるのが肝要です。

石や砂とは違って、目に見えないため、本当に頂いたのかどうか不安がる方もおられますが、実はこの神様の気を頂くのがもっともご利益を頂き、心身を清め、善き運気を引き寄せるのに肝要です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の季節印「お雛様」3-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg祝箸2種1-24-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg梅の花2-17-R4.jpg
posted by miya at 02:15| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年03月02日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉