ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年03月05日

マガゴトを引き込まない

ある神職の方から教えて頂きました。

最近は、新型コロナウィルスの感染が収束せず、また、ロシアの侵略などの報道により、心が暗くなっておられる方が多い様です。

こうなりますと、本来健康でありましても、心の状態が現実に顕現いたしますので、病気になられたり、新たなマガゴトを引き込む方が多い様です。

暗い情報ばかりが氾濫いたしますと、凹んでしまうのは人情でありますが、その様な時こそ、その様なマガゴトから距離を置き、自分の心の闇を神様の光で消して、心を明るく、気分を明るく、顔に微笑みを絶やさないのが肝要だそうです。

周りが暗くなっておりましても、善きことを探し出し、心をそのような善きことで満たすことは可能です。

周囲が暗い時には、まず一人一人の心を明るくし、心の明るさを周りに広めていくことが肝要だそうです。

そうすることによりまして、新型コロナウィルスの感染も収束に向かい、侵略などに対しての抑止も出てくるのだそうです。何があっても一人一人の心は常に明るく保つことが何より肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の限定の書置きの朱印「桃の節句」と「弥生 桃の花」3-1-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg祝箸2種1-24-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg梅の花2-17-R4.jpg3月のミニの限定の書置きの朱印「桃の節句」と「桃と橘」3-1-R4.jpg
posted by miya at 03:01| Comment(0) | 神主からの言葉

百度祓のお神札

百度祓のお神札はご存知ですか。

以前は、神社で、頒布されていたようですが、最近は見かけることがございません。

百度祓のお神札とは、神宮大麻などの前で、神職が100回大祓詞を唱えたものを申します。

ある神社では、千度祓のご神札も授与しておられたようです。

ただ、10人で10回大祓詞を唱えられましたものも、10x10=100で、百度祓のご神札と申しますし、100人で、10回大祓詞を唱えましたものは、千度祓と申します。

しかし、最近は、授与なさっているところがございませんので、ご自身で、百度祓のお神札をお作りになられたら如何でしょうか。

当宮では、現在もお百度帳を授与しておりますので、これを利用なさって、100度大祓詞を唱えられた百度祓のお神札を作られ、神棚にお祀りなさりますと、よりご利益を頂けそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月のミニの限定の書置きの朱印「桃の節句」と「桃と橘」3-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg朱印ムック6-21-R2.jpegお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg梅の花2-17-R4.jpg3月の季節印「お雛様」3-1-R4.jpg
posted by miya at 02:57| Comment(0) | 神主からの言葉

撤下塩を携帯する

神棚には、洗米、荒塩、そして水をお供えください。

神様にお供えなさった塩を下げたものを撤下塩と申しますが、神様の気が入っておりまして、あたしたちの祓にとても効果があります。

入浴の際、湯船に入れる、あるいは、風呂から上がられるとき、身体に振りかけて祓をされると、心身が清められます。

この撤下塩、袋に入れられて外出されるときにも持ち歩かれ、嫌な気持ちになられた時、気分がすぐれない時などに、少し取って撒かれて祓われますと、気分が変わるようです。

その際、心の中で、「祓へ給へ、清め給へ」と唱えられるのがよろしゅうございます。

また撤下塩をいつも持たれますと、お守りと同じく、マガツ神のマガゴトを身体に寄せ付けないようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の季節印「お雛様」3-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg祝箸2種1-24-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg梅の花2-17-R4.jpg
posted by miya at 02:51| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年03月04日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉