ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年03月15日

天地一切のものと仲良くなる

ある神職の方から教えて頂きました。

故田中角栄首相は、数多くの名言で夙に有名ですが、その一つに、彼自身の秘書に、「味方は作らなくてよいから、敵を作らないように心がけるべし」と述べられた由です。

これは物事の核心をついているそうで、これを敷衍しますれば、天地一切のものと仲良くなるのが人生の達人への近道だそうです。

弁舌さわやかに相手を批評する人、生一本な、心の狭い、鋭い心の、人を斬り裁くような方は、見た目にはかっこの良いものですが、病魔に侵されることが多い様です。

それはなぜかと申しますと、その様な心の作用が菌の毒性を増大せしめて、自分自身がその害を受けることになるからだそうです。

ところが、心がまるく、一切のものと仲良くなるというような心になりますと、菌といえどもあたしたちを害することはないのだそうです。

また、毎日使うものも邪険に扱う人は、物からの抵抗を受けるそうですが、物に感謝して大切に扱う人は、物もその想いに応えてくれ、忘れてもすぐに見つかるなどあたしたちに恩返しをしてくれるそうです。

敵を作らないことだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の限定の書置きの朱印「桃の節句」と「弥生 桃の花」3-1-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg紅白の梅の花3-13-R4.jpg源平咲の梅3-5-R4.jpg3月の季節印「お雛様」3-1-R4.jpg
posted by miya at 01:32| Comment(0) | 神主からの言葉

手相

手相は面白いですね。

手相見の方によりますと、手相とはニュース速報の様なもので、これからどうなるかを先んじて教えてくれるのだそうです。

つまり手相は変わるそうで、悪しき手相が出ておりましたら、この後用心するようにし、善き手相が出ていましたら、少しの悪しきことに相まみえましても、堂々と今のやり方を貫徹すればよいのだそうです。

さすれば、良き手相を自分で作ったらどうかということに挑戦した武将もおられました。

秀吉公は小刀で強力な運命線を自ら刻まれ、その通りに、天下を取られました。

現在、手相の整形が流行っているとも伺います。

しかし、これよりも強い運の持ち方があるそうです。

占いなどを横に置き、自らが神様の子供であることを確認、認識し、さすれば神様の視点に立って神様を信じて物事を推し進めますと、それは神様のなさい方ですから、万能の神様の如く常に大吉だそうです。

どのやり方を取られるかは個人の自由だそうです。

ある霊能者の方から伺いました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月のミニの限定の書置きの朱印「桃の節句」と「桃と橘」3-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg朱印説明6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg3月の季節印「お雛様」3-1-R4.jpg
posted by miya at 01:28| Comment(0) | 神主からの言葉

スペースを作る

家相では、玄関にあまりものをおかず、綺麗にするのが肝要と説きます。

なぜなら、玄関は良い気が入ってくるところであり、そこを汚くしたり、物などをたくさん置いたりしますと、気の通りが悪くなり、良い気が家の中に入らないので、財産がたまらず、幸運を引き寄せられないそうです。

また、財布も大きめのものを持たないと、たくさんのお金を入れるスペースがないので、財を成さないそうです。

つまり、幸運でも、財産でもそれを入れる器があって初めて幸運や財産を自分のものに出来るわけであります。

これは、心に付きましてもいえるそうです。

心が一杯になっておりますと、明るい気持ち、神様からの智慧が入るスペースがありません。

さすればどうすればよいかと申しますと、心から、恐怖や悔い、取り越し苦労など悪しき想いを駆逐してスペースを作ればよいのだそうです。

この駆逐の仕方につきましても、祓い去るのも一つの手ですが、妙に抗いますと、抵抗にあいますので、それらの悪しき想いには触らず、楽しい想いや、嬉しい想いなど、神様の光といえる善き想いで覆い隠してしまえばよいのだそうです。

悪しき想いは影の如しで、楽しい想いという光の下では消え去るのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の季節印「お雛様」3-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg源平咲の梅3-5-R4.jpg
posted by miya at 01:24| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年03月14日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉