ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年03月18日

3月18日社務所受付休止と3月19日社務所受付時間変更のお知らせ

昨日もたくさんの方にお詣り頂き、ありがとうございました。

京都は、日中は暖かかったものの、夕方からめっきり冷え込みました。

三寒四温と申しますが、来週もまだ寒い日があるとの由、季節の変わり目、体調にご留意ください。

さて、本日、3月18日、祭典の準備他のため、終日社務所の受付を休止いたします。

社務所に御用の方はご注意ください。

また、明日、19日、同じく祭典の準備他のため、社務所の受付時間を正午から4時迄に変更いたします。

同じく、社務所に御用の方はご注意ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の季節印「お雛様」3-1-R4.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg3月のミニの限定の書置きの朱印「桃の節句」と「桃と橘」3-1-R4.jpg
posted by miya at 01:30| Comment(0) | 神主からの言葉

トイレの神様

ある霊能者の方から伺いました。

トイレの神様のことはよく話題になり、トイレをきれいにしますと幸運が舞い込んで来るといわれ、芸能人の方でもトイレをきれいになさる方が多いと伺います。

ただ、一つ覚えていた方が善いことがありまして、トイレの神様は、トイレの上に居られるようです。

さすれば、トイレを掃除なさる時、便器を掃除なると同時に、トイレの天井をきれいになさるのが肝要だそうです。

存じ上げている方は、トイレの天井を掃除なさって数日経った頃、なくなったお金が突然見つかった由、本当に絶大な効果があるとおっしゃっていました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月のミニの限定の書置きの朱印「桃の節句」と「桃と橘」3-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg源平咲の梅3-5-R4.jpg
posted by miya at 01:22| Comment(0) | 神主からの言葉

3月の限定の書置きの朱印「桃の節句」と「弥生 桃の花」

3月の限定の書置きの朱印に付きましてお問い合わせを頂いております。

3月の限定の書置きの朱印は、「桃の節句」と「弥生 桃の花」の2種類で、また、同じく3月のミニの限定の書置きの朱印は、「桃の節句」と「桃と橘」2種類で、合計4種類を授与しておりますが、こちらは現在も授与中ですので、ご希望の方は社務所でご覧下さい。

また、一時無くなっておりご迷惑をおかけしていました祝箸に付きましてもお問い合わせを頂いておりますが、こちらも授与中ですので、ご希望の方は、社務所でご覧ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の限定の書置きの朱印「桃の節句」と「弥生 桃の花」3-1-R4.jpg
3月のミニの限定の書置きの朱印「桃の節句」と「桃と橘」3-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg源平咲の梅3-5-R4.jpg紅白の梅の花3-13-R4.jpg
posted by miya at 01:17| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年03月17日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉