ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年04月11日

須佐之男命

三貴神のお一人である須佐之男命(すさのうのみこと)は天上では横暴な神様であらせられますが、地上に降りられますと、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治なさり、女神をお救いなさる英雄の面をおみせになられます。

この時、須佐之男命様が八岐大蛇の尾から取り出した神剣は、天照大御神様に献上され、現在まで伝わる三種の神器の一つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)です。

因みに現在、草薙剣は熱田神宮にお祀りされております。

須佐之男命様の「スサ」は、凄まじい、荒む(すさむ)と同義で、荒々しいことを意味し、海原との関連性にも象徴されるように本来は嵐の神様であったとも考えられているようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月の書置きの限定の朱印「卯月 桜」と「卯月 こでまり」4-1-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg京都散歩記事4-10-R4.jpeg京都散歩表紙4-10-R4.jpeg朱印帳4-7-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg4月の季節印「桜}4-1-R4.jpgミニの書置きの朱印「春の風」と「サクラ」4-1-R4.jpg
posted by miya at 01:07| Comment(0) | 神主からの言葉

現在のお祭りの原点は

記紀に描かれる物語の中でも最も有名なものの一つが、天照大御神様が天岩戸に隠れられる「岩戸隠れ」の場面ではないでしょうか。

このことにより、世界は闇に閉ざされ乱れてしまいます。

そこで、神々は勾玉や鏡などを作られ天岩戸の前に真榊を設置されると、祝詞を奏上され、アメノウズメノミコトが踊られました。

神々の笑い声で、天照大御神様がいぶかられて天岩戸を開けられるきっかけとなりました。

さて、これらは、現在、神社で斎行される祭祀と共通点が多くあります。

神社でもご神前に鏡を置きまして榊を供え、神職が祝詞を奏上し、巫女が神楽を奏上いたします。

まさに、天岩戸で神々が行われたことが祭祀の原点になっているといえます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
京都散歩表紙4-10-R4.jpeg
京都散歩記事4-10-R4.jpeg
4月の季節印「桜}4-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpgミニの書置きの朱印「春の風」と「サクラ」4-1-R4.jpg
posted by miya at 01:04| Comment(0) | 神主からの言葉

天忍穗耳尊

天忍穗耳尊(あめのおしほみみのみこと)はご存知ですか。

天忍穗耳尊は素戔嗚尊がご自身の清い心を示すために生まれた五皇子の長男であらせられます。

『日本書紀』によりますと素戔嗚尊は姉の天照大神様の前で「自分の心が清らかならば男神が生まれ、そうでなければ女神が生まれる」と誓約(うけい)を行なわれた由。

そして姉から借り受けられた勾玉をカリカリと噛んで掃き出し五皇子を生まれました。

天照大神様も同時に素戔嗚尊から剣を受け取られて、女神を生んでおられ、これが宗像三神にあたられます。

誓約が終わったあと天照大神様と素戔嗚尊は剣と勾玉を返すという形でお互いに生んだ子を取り替えられました。

そのため天忍穗耳尊たちは勾玉の持ち主である天照大神様の子とされています。

天忍穗耳尊は高皇産霊神の娘である栲幡千千姫命との間に瓊瓊杵尊をもうけられました。

高皇産霊尊がこの孫を葦原中国の主にしようと動かれるのが『日本書紀』に描かれております。

因みに天忍穗耳尊(あめのおしほみみのみこと)の「ホ」は「穂」のことで、穀物の豊かな実りを象徴する神様であります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月の季節印「桜}4-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg
posted by miya at 01:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年04月10日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉