ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年04月15日

全ての人が主人公

ある神職の方から教えて頂きました。

人によりましては、芸能人や有名人を憧れ、その様な方に対して自分は、ダメだと卑下なさる方もおられるようです。

しかしその考えは間違いだそうです。

それを証明するように、既存のメディアより、ソーシャルメディアの方が、力を持ってきました。

しかし、これすらも真実の一面を示しているだけだそうです。

この世の真実は、全ての人が人生というドラマの主人公だそうです。

有名なタレントも、名も知れぬ幼稚園児も、同じく人生というドラマの主人公だそうです。

さすれば自己卑下などとんでもないことで、自分の人生を見事に演じることが肝要だそうです。

しかもこの世では、いろいろな他人の人生を見ることにより、来世に選ぶ分自身のドラマの参考にもなるそうです。

もっと自分自身に自信を持ち、自分自身、自分の人生、そして神様に感謝し、思いっきり今世の人生ドラマを楽しむのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月の書置きの限定の朱印「卯月 桜」と「卯月 こでまり」4-1-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg京都散歩記事4-10-R4.jpeg京都散歩表紙4-10-R4.jpeg4月の季節印「桜}4-1-R4.jpgミニの書置きの朱印「春の風」と「サクラ」4-1-R4.jpg
posted by miya at 01:42| Comment(0) | 神主からの言葉

自己犠牲

ある神職の方から教えて頂きました。

人のために、自分を犠牲にすることは、その方の幸せをかなえようとなさる神様のお手伝いをすることであり、しかも自分を犠牲にしてまでとなると、それは崇高なことではあります。

しかし、神様は、ある人のために誰かが犠牲になることは望まれません。

神様は、全ての人が見事に御霊磨きをなさることを望んでおられます。

さすれば、出来れば、相手も自分も幸せになる道を探り、自己犠牲がどうしても必要な時には、自分に感謝し、自分を大切にし、神様とともに自分が為すべきことをするのが必要だそうです。

神様とともに為す時には、それは自己犠牲にはならず、新たな飛躍へのバネへと変容し、相手も自分も幸せになるのだそうです。

神様はそのようにこの世を創って下さっているのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニの書置きの朱印「春の風」と「サクラ」4-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg4月の季節印「桜}4-1-R4.jpg京都散歩記事4-10-R4.jpeg京都散歩表紙4-10-R4.jpeg
posted by miya at 01:38| Comment(0) | 神主からの言葉

綺麗に食べる

ある神職の方から教えて頂きました。

食べるという行為は、あたしたちの生命を保つだけにとどまらず、とても大切なのだそうです。

最後の晩餐なども含め、どの宗教に於きましても食べることはとても重要視されます。

神道に於きましても、神嘗祭、新嘗祭、直会、等々みな食べることに関わります。

さて、その食べることですが、綺麗に食べるのは、重要だそうです。

感謝して、喜んで、そして綺麗に食べるだけで、大きな御霊磨きになるそうです。

少し前なら、ご飯粒一つ残してもばちが当たると説かれたものです。

しかし、最近、多くの方は、ご飯粒を残す方が多い様です。

本来は、食べられるだけを頂き、残さずきれいに食べる、諸事情で、残さねばならぬ時は、食べるところと食べないところをあらかじめ分けて食べないところには手を付けないなど、綺麗に食べる癖を付けられると、食事の時同席される方も気持ちよくなられ、それにもまして神様も様々な命を大切にしているあたしたちに感動なされ、神様の感動は、新たな幸せとなってあたしたちに降り注ぐのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月の季節印「桜}4-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPG巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg京都散歩記事4-10-R4.jpeg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg
posted by miya at 01:34| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年04月14日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉