ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年04月16日

「一粒万倍の米粒付札」授与のお知らせ

昨日もたくさんの方にお参り頂き、ありがとうございました。

京都は、ここ数日、夏のような陽気の日が続いておりましたが、昨日は、それも一休みなのか、あるいは台風のせいなのか、冬が戻ってきたようで、肌寒い一日でした。

ところで、一粒万倍日はご存知ですか。

「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)」は、大安に並ぶ、とても縁起のよい吉日です。

新しい物事をスタートするには最適な日である「一粒万倍日」。

開業・仕事始め・種まき・結婚・祝いごとなどに良い日だと言われています。

「一粒万倍(いちりゅうまんばい)」という言葉は、たった一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、素晴らしい稲穂になることからきています。

"手元にあるわずかなもので始めた事が、何倍にも膨らむ"という前向きで、縁起のよい言葉です。

そこで、一粒万倍になる米粒を付けた一粒万倍の札を本日より授与いたします。

ご希望の方は社務所でご覧ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
一粒万倍札4-15-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg京都散歩記事4-10-R4.jpeg朱印帳4-7-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg4月の季節印「桜}4-1-R4.jpgミニの書置きの朱印「春の風」と「サクラ」4-1-R4.jpg4月の書置きの限定の朱印「卯月 桜」と「卯月 こでまり」4-1-R4.jpg
posted by miya at 02:53| Comment(0) | 神主からの言葉

数を数える

ある神職の方から教えて頂きました。

数字は不思議です。

デジタル化となり、数字の不思議は、ますますあたしたちを魅了致します。

数字には、占いによりまして良い数字と悪い数字があるようです。

確かに、それもあたしたちが人生の羅針盤を欲しい時の一助にはなるそうです。

しかしながら、本当は、全ての数字が重要で、素晴らしいのだそうです。

その証拠に、日本では、4や9は嫌がられますが、4はピタゴラスが完全で最高の数と評し、9は陰陽道では、陽の窮まり、つまり最高の数字です。

その一方、13は、日本では大吉ですが、キリスト教国では忌み嫌われます。

さてその数字ですが、とても強い力を秘めているようです。

石上神宮では、1から10までを唱えると死んだ人もよみがえると説きます。

眠れない時には、数字を数えたらよいそうです。

あたしたちも、落ち着かない時、心が乱れるとき、心配な時などは、1から10までをゆっくり唱えるのが良いそうです。

神様が創られた数字の力があたしたちを癒し、落ち着かせてくれるそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニの書置きの朱印「春の風」と「サクラ」4-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg京都散歩記事4-10-R4.jpeg4月の季節印「桜}4-1-R4.jpg
posted by miya at 02:39| Comment(0) | 神主からの言葉

微笑んでいますか

オリンピックでは、日本のカーリングの選手の笑い顔がとても好感を与えた由です。

そもそも日本人は、微笑みを絶やさない国民でした。

幕末に来航した諸外国の人も、日本人が良く微笑むことを本国に報告しております。

まさに微笑みの国であります。

しかし、最近、微笑みが少なくなっているようです。

辛いことに遭遇しても微笑んで、前向きに受け止め、対応してきたのが日本人です。

とりわけそれは、自然災害に遭遇した時に示されました。

そして、日本人のへこたれず、周りの人々を思いやる姿が海外に偉大な日本人として報告されてきました。

しかし、最近、困難に遭遇しては、それから逃げる、認めない、さらには、それを他人のせいにして、人を非難ばかりする人が増えてきたようです。

あたしたち日本人の特性、微笑みの国の住人であることを思い出したいものです。

微笑みは、善の塊の神様の波長と合うようです。

微笑みは、神様からの善き智慧を受け取る準備完了の知らせであり、あたしたちは負けないとの表明だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月の季節印「桜}4-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg
posted by miya at 02:35| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年04月15日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉