ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年04月26日

ヘミングウェイ

臨死体験と申しますと、最近になって盛んになった研究の様に思われていますが、あたしたちの想像以上の方が古来から臨死体験について、語り、書いておられます。

その一人が、「老人と海」などの作品で有名なヘミングウェイであります。

ヘミングウェイは、第一次世界大戦で負傷をし、臨死体験をなさった由です。

その時の経験を「キリマンジャロの雪」で描いておられます。

その中で、彼は、主人公に次のように語らせています。

「太陽の光のなか、信じがたいほど白く輝くキリマンジャロのくっきりとした山頂だった。そしてその時、彼は自分が向かっている先がそこであることを知った」、と。

多くの臨死体験者が経験した光を、ヘミングウェイはこのように描きました。

ドストエフスキーも同様な経験をしているようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月の書置きの限定の朱印「卯月 桜」と「卯月 こでまり」4-1-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg巫女の柄入り福財布4-22-R4.jpg一粒万倍札4-15-R4.jpg京都散歩表紙4-10-R4.jpeg京都散歩記事4-10-R4.jpeg朱印帳4-7-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg4月の季節印「桜}4-1-R4.jpgミニの書置きの朱印「春の風」と「サクラ」4-1-R4.jpg
posted by miya at 03:22| Comment(0) | 神主からの言葉

見返りを期待しない

ある神職の方から教えて頂きました。

人間関係で悩んでおられる方は多い様です。

人間関係のもめごとの一つの原因としまして、期待した見返りがないということがあるようです。

それは、かならずしも物質ということはなく、「ありがとう」という感謝がなかった、謝罪がなかったということもありますし、また、誠意でしたことをあだで返されることさえあります。

辛い気持ちになることは理解できますが、これも見返りを求めていたと気付き、それに執着しないのが肝要だそうです。

人に見返りを求めますと、見返りが来ずに不快になりますが、人に見返りを求めず、執着心を起こさねば、神様から見返りが来るのだそうです。

しかも神様の見返りは大きな利息も付いているそうです。

これがこの世の法則だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
巫女の柄入り福財布4-22-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg4月の季節印「桜}4-1-R4.jpgミニの書置きの朱印「春の風」と「サクラ」4-1-R4.jpg京都散歩記事4-10-R4.jpeg京都散歩表紙4-10-R4.jpeg一粒万倍札4-15-R4.jpg
posted by miya at 03:19| Comment(0) | 神主からの言葉

ねばならぬことはなにもない

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは神様から自由を与えられてこの世に生まれてまいりました。

このことをもう一度認識することは肝要です。

しかし、この世では、おおくの「ねばならぬ」にさらされます。

両親から、諸先輩から、なにかにつけて、「ねばならぬ」ことを教えられます。

それは、すべて悪いことはなく、時には、人生を楽に歩む妙薬であることもあります。

しかし、それが一旦まとまってまいりますと、逆にあたしたちをがんじがらめに縛って身動きできないこともあります。

そのような時には、神様の子供のあたしたちには、なにごとも「ねばならぬことなどない」ということを思い出し、認識することが肝要です。

「ねばならぬ」ことから自由になることにより、妙案が浮かび、奇跡を呼び込め、飛躍を獲得できるそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
4月の季節印「桜}4-1-R4.jpg
syaoku.jpg巫女座り.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg京都散歩記事4-10-R4.jpeg京都散歩表紙4-10-R4.jpeg一粒万倍札4-15-R4.jpg
posted by miya at 03:14| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年04月25日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉