ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月02日

人間の意識は受動的

ある神職の方から教えて頂きました。

人間の意識は受動的だそうです。

これはどういう意味かと申しますと、あたしたちは、能動的に自分の気分を決めているように思いがちですが、真実は、あたしたちの周りのものに影響されて、受動的に決めているのだそうです。

そうしますと、あたしたちにとても影響を与えるものの一つにテレビがあり、その中でもニュースは害だそうです。

ニュースは様々な情報をあたしたちに与えてくれるべきなのに、実際は暗い話ばかりであり、人を責め、暗い未来を予感させるものばかりを語ります。

これが続きますと、あたしたちの心は、暗い情報で満杯になります。

勿論どこにも悪しきことはございますが、敢えてそういったものに関わらないのも肝要です。

それよりも楽しいことにもっと意識を持っていくことが肝要です。

一般には批判が多いヴァラエティやお笑い番組を見て馬鹿笑いをするのが良いそうです。

存じ上げている霊能者に伺いますと明るい芸人さんは、神様のお手伝いをなさっているのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月の限定の書置きの朱印「端午の節句」5-1-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg5月の季節印「藤と兜」5-1-R4.jpg5月ミニの書置きの朱印「端午の節句」5-1-R4.jpg
posted by miya at 06:15| Comment(0) | 神主からの言葉

紫陽花

昨日もたくさんの方にお詣り頂き、ありがとうございました。

ゴールデンウィークの日曜日ということもあり、また一昨日の雨も明かりましたので、京都の街中は多くの観光客の方で賑わっておりました。

ただ、夜になりますと、気温が下がり、随分と寒くなりました。

京都にお越しの際には、気温の変化に気を付けられ、何か羽織るものを準備なさるのも良いかと存じます。

新型コロナウィルスに関する規制も緩和されたため、祝日を満喫なさっている方も多いのではないでしょうか。

さて、京都大神宮の境内には、様々な樹木がございますが、自然に繁茂した紫陽花が毎年、大輪の花をたくさん咲かせ、撮影にお越しになられる方が多いのですが、小さな芽を付け出しました。

また、刈り込んだ柿の木も葉が生い茂ってまいりました。

自然の力は凄いものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
紫陽花5-1-R4.jpg
5月ミニの書置きの朱印「端午の節句」5-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg5月の季節印「藤と兜」5-1-R4.jpg
posted by miya at 06:10| Comment(0) | 神主からの言葉

子供の言葉

存じ上げている方は、親御さんから面白いアドヴァイスを受けなさり、実行されてきたそうです。

それは、「年上の人とのみ付き合いなさい」ということだったそうです。

年配の方は、人生経験から培われた貴重なものをたくさん持っておられるのでそれを吸収するのが良いとのお考えだったそうです。

確かに、年配の方は、単に知識にとどまらず、年齢とともに知力が増すようです。

日本では古来、老人の智慧に耳を傾けたものです。

しかし、存じ上げている神職の方は、子供の言葉にも耳を傾け、注意深く聞かれます。

なぜかと伺いますと、曰く、「子供の意見だからと馬鹿にしがちだが、子供は案外物事を冷静に観察し、その核心を突く言葉を忖度なしに話すためであり、また神様は、お智慧を様々なものに仮託してあたしたちに下さいますが、純粋な子供の言葉を通してくださることも多い」との由です。

年配の方の知識と知力を大切にするとともに、子供の言葉も馬鹿にせず、聞き耳を立てるのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月の季節印「藤と兜」5-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg
posted by miya at 05:51| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年05月01日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉