ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月18日

人間が予知できるのは1秒

ある科学者の方によりますと、人間が予知できるのは、せいぜい1秒後だそうです。

巷間言われています通り、地震予知はほぼ不可能であることが証明され、随分精度が上がった天気予報でさえ、外れることは珍しいことではありません。

寧ろ、科学的な予知よりも当たるのは占いであります。

なぜなら、それぞれの占いはこれ迄あたしたちが経験してきたことの統計によるからです。

さすれば、多くの方が占いを気になさるのもうなずけます。

しかし、占いの本質は今の状況を続ければどうなるということですから、もしも悪しき占いの結果が出れば、生き方を変えればよいのであり、悪い占いの結果はないのだそうです。

さて、話を戻しますと、所詮あたしたちが予知できるのは1秒後ですから、将来に対する恐怖は、科学的にはただの取り越し苦労となります。

さすればこの事実を心にとどめ、余計な将来の心配はせず、中今の精神に則り、今を思いっきり楽しく生きるのが肝要だそうです。

しかも、あたしたちが神様を意識し、信頼し、常に神様とともに人生を歩むとの意識であれば、神様の御智慧を頂けるので、全てはうまくいくのだそうです。

未来は須らく明るいのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月の季節印「竹とたけのこ」5-16-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpgミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg5月限定の書置きの朱印7日から「ハナミツキ」と「てっせん」5-7-R4.jpg
posted by miya at 01:52| Comment(0) | 神主からの言葉

宗像三女神

宗像(むなかた)三女神は天照大御神様と須佐之男命様の誓約(うけい)によって須佐之男命様の娘として誕生なさった三柱の女神さまです。

信仰のルーツは、福岡県の宗像大社で、三つの宮(宗像市の沖ノ島、大島、沿岸部の田島)に各女神様を祀ります。

三女神の信仰は、とくにイチキシマヒメが弁財天と習合したことで全国的な広がりを持つことになりました。

弁財天、つまり「弁天様」は本来インドの川の神サラスヴァティで、イチキシマヒメとは水の女神様という共通点があります。

弁天様は音曲や芸事の女神様として著名ですが、財運、あるいは軍神として信仰されることもあります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月限定の書置きの朱印7日から「ハナミツキ」と「てっせん」5-7-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpgミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg
posted by miya at 01:49| Comment(0) | 神主からの言葉

月読命

姉の天照大御神様、そして弟の須佐能の命とともに、伊弉諾尊から誕生した最も尊い「三貴神」に数えられる神様が月読命(つくよみのみこと)です。

その名が示す通り月読命は、月の神様で、父神から夜の世界の統治を委ねられました。

昔は、月の運行から暦を作りましたので、月読命は暦の神様とされ、暦によりまして一年の仕事のサイクルが決まる農耕や漁業の神様として信仰されました。

「日本書記」の一書(あるふみ)には、姉神の使いとして食物の神様であるウケモチの神様を訪ねられた月読命が、口からさまざまな食物を吐いて生成させるウケモチの神様をみて汚らしいと激怒なされ、切り殺してしまわれるという話が記されております。

その後怒られた天照大御神様は、二度と月読命と顔を合わせなくなられ、昼と夜が誕生したとされております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg
posted by miya at 01:46| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年05月17日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉