ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月30日

神武天皇

天照大御神様の五世の孫にあたられ、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)のひ孫にあたられる神武天皇様は、名前をカムヤマトイワレヒコといわれました。

地上世界の統治を命じられた天孫瓊瓊杵尊は、日向の地に宮を営み、三代に亘ってこの地を統治なさいました。

その後、カムヤマトイワレヒコは東方に地上世界を治めるに地があると聞かれて「東征」されました。

神武天皇こそ、今上天皇につながる、皇室の始祖にあたられます。

因みに今年は、皇紀2682年に当たります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月の季節印「竹とたけのこ」5-16-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpgミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg
posted by miya at 03:16| Comment(0) | 神主からの言葉

山幸彦と海幸彦

山の猟が得意な山幸彦(弟)と海の漁が得意な海幸彦(兄)がおられました。

兄弟はある日、猟具を交換し、山幸彦は魚釣りに出掛けましたが、兄に借りた釣針を失くしてしまわれます。

困り果てていた所、塩椎神(しおつちのかみ)に教えられ、小舟に乗り「綿津見神宮(わたつみのかみのみや)」(又は綿津見の宮、海神の宮殿の意味)に赴かれます。

海神(大綿津見神)に歓迎され、娘・豊玉姫(豊玉毘売命・とよたまひめ)と結婚し、綿津見神宮で楽しく暮らされるうちに3年もの月日が経ってしまいました。

山幸彦は地上へ帰らねばならず、豊玉姫に失くした釣針と、霊力のある玉「潮盈珠(しおみつたま)」と「潮乾珠(しおふるたま)」を貰われ、その玉を使って海幸彦をこらしめ、忠誠を誓わされました。

その後、妻の豊玉姫は子供を産まれ、その子供が、鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)であり、山幸彦は神武天皇の祖父にあたられます。

神話では、アベルとカインほか兄弟の物語が語られることが多いのですが、山幸彦と海幸彦も実に面白い物語です。

改めて記紀を読んで、神々のロマンを楽しみたいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月限定の書置きの朱印7日から「ハナミツキ」と「てっせん」5-7-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpgミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg
posted by miya at 03:14| Comment(0) | 神主からの言葉

逃げられないけれども自由

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは、何か自分に不都合なことが起こりますと他人のせいにしたり、自分は関係ないと装います。

しかし、残念ながら、全てはあたしたち自身がどこかで決めていることであり、全て自分が背負わなくてはならないのだそうです。

親に「産んでほしといった覚えはない」と文句を言ったり、「どうして自分の身体はポンコツなのか」とか、「もっと頭が良く生まれたかった」等々、おっしゃったことはありませんか。

しかし臨死体験をなさった方に伺いますと、全て自分で生まれる前に神様と相談して決めているのだそうです。

自分で選んだすべての宿命はそれぞれの方の御霊磨きに最適なものなのだそうです。

ただし、神様はあたしたちに自由を与えてくださっていますので、与えられたものをどうしようともあたしたちの裁量に任されておりますが、まずは、他人のせいにすることや、そこから敵前逃亡するようなことはせず、全てをありのままに受け入れるのが肝要だそうです。

受け入れねば何も始まりませんが、まずありのままに受け入れるとそこから神様の考えられた壮大なドラマが始まるのだそうです。

そして、全てのドラマはそれぞれの人にとって必ずハッピーエンディングになるのだそうです。

最後には絶対にうまくいくのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg
posted by miya at 03:10| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年05月29日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉