ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年06月24日

感情を作るのは思考

ある霊能者の方から教えて頂きました。

あたしたち人間は、感情の動物だといわれます。

しかし、その感情を作るのはあたしたちの思考だそうです。

あたしたちが持つ思考が、同じ種類の感情を作り出すのだそうです。幸せな思考を持てば、幸せな感情を抱きます。

そして、ここで重要なのは、幸せに感じると、同時に怒りの感情を抱くことはできなくなるということであります。

つまり、幸せな思考は幸せな感情を生み出し、そこからさらに多くの幸せな思考が生じます。

それと同時に、若しも怒りを感じたとすれば、それは怒りの思考を持ったせいで生じた感情だそうです。

つまり思考と感情は常に一致するわけです。

さすれば、幸せの要諦は、悪しきことを考えず、善きことを考えることにつきます。

そのためには、あたしたちの周辺に悪しきことをおかず、善きことで覆うことだそうです。

その第一歩は微笑みを絶やさず、まずは神様に、そして様々なものに感謝することを見出し、感謝することだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
6月限定の書置きの朱印「夏越大祓」と「百合」6-1-R4.jpg
DSC_0096 水無月祓ー1.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg6月季節印「紫陽花とてるてる坊主」6-1-R4.jpg夏越大祓人形と神札6-1-R4.jpg夏越大祓唱え詞-1-R4.jpg6月ミニの限定の書置きの朱印「時雨時」と「あじさい」6-1-R4.jpg
posted by miya at 00:49| Comment(0) | 神主からの言葉

学問の限界

面白い話を伺いました。

コンピュータの最先端であるAIを研究なさっている方は、研究すればするほどAIの限界をそして学問の限界を感じられるそうです。

そのもっとも大きいものは、この世界のすべてを記号や言語で表すことが出来ないため、コンピュータにプログラムとして書き込めないことから来ているようで、そこから敷衍しまして、学問の限界をも感じられるようです。

何でも科学で説明できるという前提で話される方もたくさんおられますが、最先端の研究をなさっている方が科学の限界、学問の限界を理解、感じられているのは面白いものです。

あたしたちの理解が及ばないものは、たくさんあるようです。

神様をも科学言語で語ろうとなさっている方もおられます。

それもその方の考え方ですから是非を問うことではありませんが、神様の前に謙虚になり、神様に手を合わせて神様の智慧を頂き、わからないことの解決への一里塚とすることも肝要であるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
夏越大祓唱え詞-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifDSC_0096 水無月祓ー1.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg6月季節印「紫陽花とてるてる坊主」6-1-R4.jpg夏越大祓人形と神札6-1-R4.jpg6月ミニの限定の書置きの朱印「時雨時」と「あじさい」6-1-R4.jpg
posted by miya at 00:45| Comment(0) | 神主からの言葉

忍び手

神式で葬儀をなさった方は、お心当たりがあると存じますが、神式の葬儀では、柏手を打たず、打つ真似をして音を出さない、「忍び手」でお詣りいたします。

この忍び手をその後、祖霊祭なども含めましてずっと続けられる方がおられますが、神道では、50日で亡くなった方の御霊は神様のもとに上がられますので、50日以降は、通常の柏手を打たれたらよろしゅうございます。

50日を過ぎますと、亡くなられた方の御霊は、神様の世界からあたしたちを見守って下さります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
6月季節印「紫陽花とてるてる坊主」6-1-R4.jpg
DSC_0096 水無月祓ー1.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg夏越大祓唱え詞-1-R4.jpg
posted by miya at 00:40| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年06月23日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉