ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年08月06日

埴安神(はにやすのかみ)

埴安神(はにやすのかみ)は、火の神様を産み、死ぬ間際に伊耶那美命の大便から生まれた神様とされています。

土の神様、陶器の神様とされます。

『日本書紀』では、ハニヤマヒメ命はイザナミ命が日の神カグツチを生んだときに火傷をし、死ぬ直前に水の神ミズハノメと共にハニヤマヒメ命を生みました。

便から生まれたことから、尿から生まれたミヅハノメ神と共に厠神(トイレの神さま)として祀られることもあるようです。

ご神名の「ハニヤス」とは埴粘(はにやす)のことで、土器や瓦などの材料となる赤土の粘土を表す古語であります。

「ハニ」は「ホニ」からきたもの考えられており、神聖な力を宿した「ニ(泥)」。

つまり、神に捧げる神器や祭具を作るためにとくに練り込まれた粘土という意味があるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
8月の限定の書置きの朱印「山の日」と「葉月 向日葵」8-1-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg8月の季節印「向日葵」8-1-R4.jpg8月のミニの限定の書置きの朱印「花火」と「水風船」8-1-R4.jpg
posted by miya at 05:49| Comment(0) | 神主からの言葉

栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)

栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)はとても美しい織物の女神様とされます。

『古事記』によりますと、高皇産霊神様の娘で、天照大御神様の長男アメノオシホミミ命と結婚され、ニニギ尊を生みなさいました。

そのため、安産、子宝等のご神徳をお持ちです。

名前の「栲(タク)」とは白膠木(ぬるで)の事で、紅葉が美しい、うるし科の低灌木、「幡(ハタ)」は機織り機、「千千(チヂ)」は縮む、もしくはたくさんあるという意味だそうです。

機織や織物に関わるご神名になります。

古くから織物は女性によって行われてきました。

また、民間伝承で機織りの美しい乙女が人間界と異界を結ぶ役割として登場したり、古代では村のお祭りで乙女が神様の衣を織る儀式を行っていました。

こうした機織りの女性は神様に仕える巫女をイメージします。

古代の織物は、神に奉納する最高の捧げものでした。

それを作る機織り機は神聖な道具であり、それを操る女性もまた穢のない存在でなければなりませんでした。

栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)は『古事記』で「萬幡豊秋津師比売命(よろづはたとよあきつしひめのみこと)」と記されます。

「萬幡」を多くの織物、「豊秋津」を穀物の豊かに実る秋の意味から、穀物と織物の神様という性格を示しておられます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
8月のミニの限定の書置きの朱印「花火」と「水風船」8-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg8月の季節印「向日葵」8-1-R4.jpg
posted by miya at 05:46| Comment(0) | 神主からの言葉

限定しない

ある神職の方から教えて頂きました。

あたしたちは勝手に限定しがちです。

今はできない、勉強しないとできない、子供には難しい、等々。

しかしこれは大いなる間違いだそうです。

あたしたちがまず自分で限界を作るからそうなってしまうのだそうです。

神様の子供のあたしたちには不可能なしだそうです。

万能の神様の子供のあたしたちは大いなる可能性を秘めているのだそうです。

さすれば、何事に対しましても、「出来ない」、「難しい」など、否定的な「ノー」から入らないのが肝要だそうです。

為せば成るだそうです。

否、想えば成るのが真実だそうです。

限界を作れば、可能性が狭まり、夢を捨てなければ必ずそれは実現されるのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
8月の季節印「向日葵」8-1-R4.jpg
syaoku.jpg巫女座り.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg
posted by miya at 05:43| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年08月05日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉