ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年08月12日

脳科学

科学的な思考の進化が遂げられたことは善いことです。

しかしその一方、科学者の方に伺いますと、あたしたちが知り得ていることは、ほんの少しだそうです。

その中でも、脳科学はまだ研究されるようになってから数十年しか経っていないため、残念ながらそのレベルは決して高いとは言えないようです。

ある科学者によりますと、まだ脳科学に関することでは、5%が解決されたかどうかだそうです。

ところが、最近は、全て科学的に証明できるとして、人間の夢の不思議も、臨死体験も霊体験他も一刀両断に切り捨ててそのようなものはないとおっしゃる方がおられます。

それこそ、単なる妄想だそうです。

真の科学者は、不思議なことが存在することを認めておられます。

また、真の科学者の方こそ、神様を大切になさる方が多い様です。

外科医の方で、手術前に神棚に手を合わされる方が多く、そのためか、奇跡的なことも多々経験される由。

神様は、決して死んではおられず、あたしたちを確かに見守ってくださっているようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
8月の限定の書置きの朱印「山の日」と「葉月 向日葵」8-1-R4.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg8月の季節印「向日葵」8-1-R4.jpg8月のミニの限定の書置きの朱印「花火」と「水風船」8-1-R4.jpg
posted by miya at 04:55| Comment(0) | 神主からの言葉

倭姫宮(やまとひめのみや)

伊勢神宮は、内宮・外宮をはじめ、多くの神社で構成されています。

それらは、由緒が奈良時代以前に遡るものも多くありますが、格別に新しい由緒をもつ別宮があります。

それが、大正十二年、三重県伊勢市楠部町に鎮まった倭姫宮(やまとひめのみや)です。

そのように新しいお宮があると申し上げると驚かれる方も多いかもしれません。

伊勢神宮の創建に関わった倭姫命をお祀りしており、令和4年にご鎮座百年を迎えます。

記念の年にお詣りなさるのは如何ですか?

因みに、倭姫命は、京都大神宮でもお祀りしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
8月のミニの限定の書置きの朱印「花火」と「水風船」8-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg8月の季節印「向日葵」8-1-R4.jpg
posted by miya at 04:51| Comment(0) | 神主からの言葉

天宇受売命(あめのうずめのみこと)と猿田彦命

天岩戸の前での活躍の後、天宇受売命(あめのうずめのみこと)は天照大御神様の側近として奉仕しなされ、その心を慰める役目を果たされました。

その後『天孫降臨』でニニギと一緒に天下る五柱の神(五伴緒)の一柱として随行して地上に降ることになりますが、その途中の天八衢(あまのやちまた)で赤い目を輝かせた神様がニニギ尊一行の前に立ち塞がります。

この時、天宇受売命(あめのうずめのみこと)は天照大御神様と高木神に「手弱女だが顔を合わせても気後れしない(面勝つ)からあなたが問いなさい」と言われ、天宇受売命(あめのうずめのみこと)はその者の前に立ちはだかり詰問なさると、国津神のサルタヒコ命と名乗り、地上からニニギ尊の道案内をするためにここまで迎えに来たと答えられます。

これが縁となりのちにこの二柱の神様は結婚なさいます。

ある日、天宇受売命(あめのうずめのみこと)は大小の魚を集めて天孫(ニニギノミコト)に仕えるかどうか尋ねられました。

みな「仕える」と答えた中、ナマコだけが何も答えませんでした。

すると天宇受売命(あめのうずめのみこと)はナマコの口を小刀で裂きました。それ以来ナマコの口は裂けているようになったそうです。

結婚後はサルタヒコ命の故郷である伊勢国に住み、鎮魂祭や大嘗祭などに関わる猿女君(さるめのきみ)の祖神となられります。

猿女君とは、宮廷祭祀において神楽を舞うことを努めとする神祇官の役職名。

猿は「戯曲」などと使う「戯る(さる)」に通じ、猿女という呼び名は、とくに宮廷の祭祀のときに、滑稽な俳優を演じる集団につけられてものをいいます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
8月の季節印「向日葵」8-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg
posted by miya at 04:48| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年08月11日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉