ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年09月13日

感覚器官の問題

ある神職の方から教えて頂きました。

五感における問題は厄介なものです。

それにはいろいろな原因があるようですが、その中にはあたしたちの心の持ちようで克服できるものもあるようです。

感覚器官の問題とは、自分に与えられた恵みを有難く受け取らない心が肉体に投じ出した姿なのだそうです。

さすれば、まずはありがたく受け取る気持ちを持つようにする、いわゆる感謝の心を常に持つことが問題克服の要諦だそうです。

あたしたちが五感を通しまして感じることは、そこに生命が顕れていることでありまして、それは、神様の光、恵、愛なのだそうです。

さすれば、あたしたちが五感を通して感じるものは素晴らしいものですから、五感を通して感じることに素直に感謝の心を持つことが肝要だそうです。

常に感謝の心を持ちますと、五感が感謝を受け取る受容体となりますので、神様の光、恵、愛を受け取ることが出来、それはとりもなおさず、感覚器官の障害が取り除かれることなのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
重陽の節句記念の限定の書置きの朱印9-9-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女ステッカー8-18-R4.jpg9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg9月の限定の書置きの朱印「十五夜」と「おつきみ」9-1-R4.jpgお誕生日記念の朱印9-1-R4.jpg重陽の節句のミニの書置きの朱印9-9-R4.jpg
posted by miya at 02:23| Comment(0) | 神主からの言葉

天香山命(あめのかぐやまのみこと)

天香山命(あめのかぐやまのみこと)は、アメノホアカリ命の御子であり、天照大御神様の孫です。

ご神名の天香山は「天上にある山」のこと。

父神が稲穂の神霊で、弟神が天孫降臨神話のニニギ尊という系譜から、基本的な性格は農耕神とみられます。

『日本書紀』ではニニギ尊に随伴した多くの神々のなかの一柱の神様として地上に降りられ、紀伊国(和歌山県)熊野の地に住まれたとされます。

後の神武東征では、熊野に上陸したが大熊の毒気にあたって失神する神武天皇様を、高天原から降ろされた布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)によって救われる功績があります。

天香山命(あめのかぐやまのみこと)は神武天皇即位四年に、勅命により越後国(新潟県)に移り国内を平定されます。

以後、浜の人々に製塩の方法を、漁民には網を作って漁をする方法を、農民に耕作の方法や酒造法を教えられて産業興降に尽くされたとされます。

そのいろいろな施策を指揮した場所が、弥彦山の現在でいう弥彦神社のある地といわれています。

現在も越後開拓の祖神として「いやひこさま」、「おやひこさま」の御名で人々から親しまれています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の限定の書置きの朱印「十五夜」と「おつきみ」9-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女ステッカー8-18-R4.jpgお誕生日記念の朱印9-1-R4.jpg9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg
posted by miya at 02:19| Comment(0) | 神主からの言葉

エリザベス女王

エリザベス女王陛下が亡くなられました。

ご冥福をお祈りいたします。

女王陛下が生きられた時代は、人間のこれまでの歴史の中でも数少ない激動の、そしてパラダイムシフトが次々と起こった時代でありました。

故郷のあの世に戻られ、多くの物語を語っておられるのではないでしょうか。

さて、世界には多くの王室がありますが、日本の皇室の席次は、そのトップであることはご存知でしょうか。

日本の皇室の歴史は、ほかの王室と比べて圧倒的に長く、それゆえにトップの座を頂いているそうです。

ところで、英国は、イギリス国教会ですが、イングランド(イギリス)の統治者である国王(イギリスの君主)が教会の首長(英語版)(Defender of the Faith、直訳は『信仰の擁護者』)であるということが最大の特徴であり、今年の9月8日より現在、チャールズ3世国王がその地位にあります。

その一方天皇陛下は、大嘗祭により天皇霊を受けられますが、天皇陛下の大きな特徴は祈られる方であるということです。

天皇陛下は毎日あたしたち国民の幸せを神様に祈ってくださっています。

あたしたちは天皇陛下の御祈念で神様に護られている存在だということをもう一度思い出すのが肝要のようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpgお誕生日記念の朱印9-1-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg
posted by miya at 02:15| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年09月12日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉