ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年09月20日

9月20日、社務所の受付時間変更のお知らせ

昨日は、台風の来襲にもかかわらず、たくさんの方にお詣り頂き、ありがとうございました。

各地で台風による被害が出ているようです。

被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

さて、本日20日は、祭典の準備他のために、社務所の受付時間を午前9時から午後3時迄に変更いたします。

社務所に御用の方はご注意ください。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
重陽の節句記念の限定の書置きの朱印9-9-R4.jpg
楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女ステッカー8-18-R4.jpg9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg重陽の節句のミニの書置きの朱印9-9-R4.jpg記念日朱印9-18-R4.jpg
posted by miya at 03:48| Comment(0) | 神主からの言葉

「備え」をして恐怖から遠ざかる

ある神職の方から教えて頂きました。

生きておりますと、心配事が絶えません。

しかし、あたしたちに未来を決める力はありません。

さすれば、あたしたちの未来の恐怖に対する対処法は、「備え」をすることだけです。

それ以上にはいかんともしがたいものがあります。

あたしたちがすべきことは、今あたしたちが出来る「備え」をして、「恐れ」を手放すことだそうです。

自分なりに備えれば、「あとはなんとかなる」と覚悟が定まるものですし、それ以上は、どうしようもありません。

さらに敷衍しますれば、あまり心配をしますと、それが心に根を下ろして、芽吹かせてしまいます。

心に芽吹いたものは現実に顕現しますので、望みもしない恐怖を引き寄せてしまいます。

「備え」をして、「恐れ」を手放し、後は、神様にお任せするのが良いそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の限定の書置きの朱印「十五夜」と「おつきみ」9-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女ステッカー8-18-R4.jpg9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg
posted by miya at 03:40| Comment(0) | 神主からの言葉

無心に出来ることをやる

ある神職の方から教えて頂きました。

生活では、不安や悩みなどいろいろ出てまいりますが、案外、「案ずるより産むがやすし」となることが多いものです。

さすれば、自分がやるべきことを「無心」で行うのが、不安や悩みから脱却する最短で無駄のない方法のようです。

この「無心」というのは、別に修行などをする必要はなく、やっていること以外、他のことを考えず、頭の中を真っ白にして、今やるべきことだけに意識を向けることを指します。

今までの人生でも、あれこれ悩んだり、苦しんだりしても、結局は何とかなったということがほとんどでなかったかと思われます。

この「なんとかなる」は箴言です。

つまり、あれこれ不安になったり、焦ったりしても、結果は変わらないので、考えるだけ疲れますし、時間の無駄です。

それなら、何も考えずに無心になって、今やるべきことだけに集中するのが最も最善な方法ということになります。

無心で集中することで、最高のパフォーマンスが発揮できますので、最も良い方向へ導かれるわけであります。

素直に無心になるには、雑念を消す必要がありますが、この雑念は、「つみ・けがれ」といった、自分の我欲や理屈から生じるマイナスのエネルギーの一種ですので、神道では、祓いを行いまして、これらの「つみ・けがれ」を消して人間本来の素晴らしい心の状態を保ってきました。

不安なことを忘れて無心になるのは勇気がいりますが、実はこれが困難克服の最短の道なのだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女ステッカー8-18-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg
posted by miya at 03:35| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年09月19日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉