ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年09月28日

地球は平?

面白い話を伺いました。

日本人に向かって、「地球は球体ですかそれとも平ですか?」という質問を投げかけますと、ほぼ100%の方が地球は球体だと答えられると思います。

しかし、同じ質問をアメリカの人に投げかけますと、なんと3割近い人が平だと答えられた由です。

これをどう判断したらよいのでしょうか。

かつて同じような状況が歴史上にありました。

ほとんどの人が天動説、いわゆる太陽が地球の周りをまわっていると考えていた時代、コペルニクスは、地動説、つまり地球が太陽の周りをまわっていると唱えました。

そして、最終的には、コペルニクスが正しいと証明されました。

現在のアメリカにおける3割の人がいなければ、コペルニクス時代が現れなかったことになります。

日本人は、規律を重んじ、安全な社会を作りましたが、そこに大きな発展を望むと出る釘は打たれるの喩の通り、新たな進化はことごとく潰されます。

規律を重んじ、安全で安心な社会を維持しながら、新たな発展の芽を摘まないようにするのも肝要のようです。

神様は、あたしたちに自由を与えて下さいました。奇跡

その自由を大切にしながら奇跡を顕現させるために使うのが肝要のようです。

ある神職の方から教えて頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
重陽の節句記念の限定の書置きの朱印9-9-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女ステッカー8-18-R4.jpg9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg9月の限定の書置きの朱印「十五夜」と「おつきみ」9-1-R4.jpg重陽の節句のミニの書置きの朱印9-9-R4.jpg記念日朱印9-18-R4.jpg
posted by miya at 02:35| Comment(0) | 神主からの言葉

阿遅鉏高日子根神(アジスキタカヒコネカミ)

阿遅鉏高日子根神(アジスキタカヒコネカミ)は、国譲り神話にアメノワカヒコ命の友人として登場する美青年の神様です。

名前のスキは、農具の「鋤(すき)」から連想されたもので、もともとは鋤を御神体とする農業の神様だったようです。

『古事記』では、友人のアメノワカヒコ命の葬式に天界から弔問に訪れられますが、その姿が瓜二つだったことから死者が生き返ったと間違われてしまいます。

それを「穢らわしい」と激怒なさった阿遅鉏高日子根神(アジスキタカヒコネカミ)は、神度剣(かむどのつるぎ)を抜いて喪屋を切り倒され、足で蹴り飛ばして天地に飛び去られたといいます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の限定の書置きの朱印「十五夜」と「おつきみ」9-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女ステッカー8-18-R4.jpg記念日朱印9-18-R4.jpg9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg
posted by miya at 02:31| Comment(0) | 神主からの言葉

鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)

鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)のカヤはススキやスゲなど草本の有用植物の総称です。

カヤは、毎年放置していてもしっかり生えてくる便利な植物ため古くから屋根材や飼肥料などに利用されてきました。

古代では、カヤの箸でご飯を食べるとお腹にいいとか、秋にはカヤの箸を作って神さまにささげるといったものがあるようです。

また、夏越の大祓いに茅の輪にももちいられます。

古くからカヤには野に満ちる生命力が宿っていると考えられてきたようです。

この神様の姿には、古代の人々がカヤの旺盛な生命力に抱いた畏敬の念が反映されています。

鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)は家宅の守護神としても信仰されています。

鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)は野の緑すべてを支配しなさっていることから、私達の食卓にあがる野菜、雑草や草花まで霊力が及んでいます。

そのため漬物の祖神やタバコの神様としても祀られています。

その他に、普段私達が口にしている白菜、大根、きゅうりなど様々な漬物を与えてくださるのが鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)とされます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女ステッカー8-18-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg
posted by miya at 02:28| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年09月27日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉