ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年09月29日

神棚と祖霊舎

神棚と祖霊舎に付きましてお問い合わせを頂いております。

神棚を設置しておられるご家庭は多いようですが、祖霊舎を設置されているところはまだ少ないようです。

仏教で申します位牌に当たるものを神道では、霊璽と申しますが、この霊璽を神棚にお祀りなさっている方もおられるようです。

祖霊舎は仏教での仏壇に当たりますが、霊璽は、祖霊舎にお祀りください。

そして、神棚には、神宮大麻と産土の神様のご神札、そして、崇敬なさっている神様のご神札をお祀りください。

お供えは、神棚、祖霊舎共に、水と荒塩とお洗米をお供えなさったらよろしゅうございます。

神棚と祖霊舎を設置されますと、神様にもご先祖様にも護られているという意識が出てまいりますので、心が安定し、勇気を頂くことが出来ます。

なお、従来仏教式でご先祖様をお祀りなさっていた方で、神道式に変えたい方からのお問い合わせも頂きます。

ご希望の方は社務所でご相談下さい。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
重陽の節句記念の限定の書置きの朱印9-9-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女ステッカー8-18-R4.jpg9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg9月の限定の書置きの朱印「十五夜」と「おつきみ」9-1-R4.jpg記念日朱印9-18-R4.jpg重陽の節句のミニの書置きの朱印9-9-R4.jpg
posted by miya at 01:51| Comment(0) | 神主からの言葉

お役目と健康

ある神職の方から教えて頂きました。

動物は、個で暮らすとともに群としても暮らし、その寿命は、他のために何事もなしえなくなった時なのだそうです。

確かに、鮭は産卵をしたのちに死にますし、しかもそれぞれの動物は、自分の死を悟っているが如く、その死は自然であります。

これは動物の一種である人間にも当てはまるのかもしれません。

臨死体験をなさった方に伺いますと、あたしたちはこの世にお役目をもって生まれてくるのだそうです。

その中でも神様のお手伝いをすることはとても良い御霊磨きになるそうです。

さすれば、実は健康になる要諦は、健康管理もさることながら、人のお役に立つということかもしれません。

逆に申しますと、人のお役に立つことが無くなった時には、自然に次の人生への移行期なのかもしれません。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の限定の書置きの朱印「十五夜」と「おつきみ」9-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg記念日朱印9-18-R4.jpg9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg
posted by miya at 01:40| Comment(0) | 神主からの言葉

皇室祭祀

ご存じない方もおられるかもしれませんが、天皇陛下の最も重要なお役目は、神様に祈られることであります。

天皇陛下は、日々、ご祖先様と神々に感謝され、広く世の中の平安をお祈りされておられます。

長い伝統を持つこの皇室祭祀は、皇居内に鎮座する宮中三殿(きゅうちゅうさんでん)と神嘉殿(しんかでん)、そして皇居の外にある歴代天皇陛下などの山稜で斎行されます。

宮中三殿とは、賢所(かしこどころ)、皇霊殿(こうれいでん)、神殿(しんでん)の総称で、賢所では、天照大御神様をお祀りし、皇霊殿は、神武天皇陛下はじめ歴代の天皇、皇后、皇太后、皇族の御霊(みたま)がお祀りされているところです。

神殿では天神地祇(てんじんちぎ)八百万神(やおよろずのかみ)がお祀りされています。

天皇陛下が日々、あたしたちの幸せのために祈ってくださっていることはとてもありがたく、且つあたしたちは護られているという意識が芽生えます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女ステッカー8-18-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg
posted by miya at 01:28| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年09月28日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉