ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年11月05日

アインシュタイン

世界的な理論物理学の泰斗アインシュタインは、日本や日本人に対して様々な好意的なコメントを残しておられます。

「日本では、自然と人間は一体化しているように見えます。(中略)この国に由来するすべてのものは、愛らしく朗らかで、自然の恵みと密接に結びついています。」と述べられ、また「日本人はこれまで知り合ったどの国の人よりも、うわべだけでなく、全ての物事に対して物静かで、控えめで、知的で、芸術好きで、思いやりがあって、非常に感じが善い人たちです。」とも述べておられます。

また、「日本は絵の国、詩の国であり、謙遜の美徳は、滞在中最も感銘を受け忘れがたいものとなりました」と語られます。

見事に日本人の良き処をとらえておられます。

あたしたちは、おごることなく、しかし、日本人としての誇りをもう少し感じても良いようです。

更に、世界の王様には、日本の天皇陛下が最もふさわしいとも語られたそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月の限定の書置きの朱印「新嘗祭」と「霜月 秋景色」11-1-R4.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg11月の季節印「紅葉」11-1-R4.jpg11月ミニの限定の書置きの朱印「秋模様」と「秋」11-1-R4.jpg
posted by miya at 03:49| Comment(0) | 神主からの言葉

笑いや喜び、そして逆境

筑波大学の村上和雄教授などの研究により、あたしたちの遺伝子は、人によって変わっているところはほんの少しだということが分かったようです。

また、遺伝子自体には、その働きがONになっているところと、遺伝子としては持っていましてもその働きがOFFになっているため、その能力を引き出せないということが判明したそうです。

良い遺伝子をONにする方法につきましては、笑ったり、喜んだりすることが効果があることも研究で判明したそうです。

実際、血糖値の高い方の一方には、堅苦しい講義を聞いてもらい、もう一方には、コントや漫才などを見てもらい、そのあとで血糖値を調べたところ、前者は、正常値を上回っていたのに対して、後者では、なんと血糖値が正常値になっていた由です。

これに加えまして、逆境にあっても心がポジティブになっておりますと遺伝子は、ONになることが判明した由です。

逆境に前向きに挑戦したり、厳しい修行によりましても遺伝子は、ONになるのだそうです。

つまり、より健康になり、楽しい人生を送るためには、笑い、楽しみ前向きに生きるようにし、逆境に対しましても前向きに挑戦することにより、あたしたちの遺伝子も活性し、新たな潜在能力が開花するようです。

同時に、神様に感謝の祈りをすることが肝要だそうです。

ある神職の方から教えて頂きました。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月ミニの限定の書置きの朱印「秋模様」と「秋」11-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpegお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg11月の季節印「紅葉」11-1-R4.jpg
posted by miya at 03:46| Comment(0) | 神主からの言葉

太平洋戦争における英国海軍の救助

1998年、天皇陛下のご訪英にあたって、残念ながら現地には、反対運動があったようです。

ところが、この運動を抑えたのが、英国海軍中尉の、サムエル・フォール卿でした。

1942年のこと、ジャワ島のスラバヤ沖で撃沈された英国海軍の巡洋艦エクゼター号が漂流中、日本海軍の駆逐艦「雷(いかずち)」に発見されます。

最期の時を覚悟した英国海軍の漂流者でしたが、「雷」は、「救助活動中」の国際信号機を掲げて彼らを救助したそうです。

その時の艦長・工藤俊作中佐は、彼らに衣服や靴を提供し、流暢な英語で勇敢に戦ったことをねぎらい、日本海軍の名誉あるゲストだとおっしゃった由です。

この体験談により、英国のジャパンバッシングは次第に終息したのでした。

なぜか報道されませんが、英国や米国の元軍人で、靖国神社を参拝される方は多い様です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
11月の季節印「紅葉」11-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg
posted by miya at 03:39| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年11月04日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉